天然真鯛弁当(秋田駅)を食べた時の記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

天然真鯛弁当(秋田駅)・・・鯛の味わいをもっと感じられるようにしないとアカン

仕事で千葉県に出向く用事があり、普段から比較的手厳しい感想を書いている、秋田の関根屋さんの駅弁を購入しました。理由は、同行した妻が「鯛」好きだからです。

妻は北海道民で、北海道では鯛を食べる習慣は無いので、(ホッケとか鰊を食べます)、内地の鯛を食べて「こんな美味しい魚が有ったとは!」と大感動して、それ以来、鯛好きになりました。

今回、東京駅の駅弁屋祭をウロウロしていたら発見したのが、これです。

天然真鯛弁当(秋田駅)の外観と外箱


真っ赤な外箱に「天然真鯛」の文字が目立ち、衝動買いをしてしまいました。そして買った後に、関根屋さんの駅弁だと気づいた次第です。駅弁を買う時は、こういう衝動買いもけっこう楽しいですね。

東京駅で駅弁を買う時は、かなりの確率で衝動買いをしてしまいます。今回は妻がこの天然真鯛弁当をメインに食べたのですが、私が食べた宮川本店うなぎ弁当も、完全に衝動買いです。


 


天然の真鯛は、本来はもっと美味しいと思うのだが・・・


さて関根屋さんですから、中身をよくチェックしたいところです。開封してみると、こんな感じです。動画は、この駅弁を総武線快速の車内で食べた時のものです。




改めて写真で見てみます。第一印象は、秋田比内地鶏重とそっくりな構成だな、という点。味付けご飯の上に錦糸卵を敷いて、メインの食材を乗っけて「変なタレ」をかけて、隅っこに副菜的なものを置く構成は、実に類似しています。

天然真鯛弁当(秋田駅)の中身


【お品書き】

・味付けご飯 ・真鯛煮 ・秋田蕗炒め ・卵焼き ・タコそぼろ煮 ・野沢菜ちりめん ・蒲鉾 ・錦糸卵 ・いぶり漬物



こうやって、真鯛の部分を撮影すると、「いい感じ」に見えるかもしれませんよね。ただしこれは、写真の「嘘」です。期待した鯛のボリューム感は、実は全くありません。

天然真鯛弁当(秋田駅)の真鯛煮


リアルな鯛は、こんな感じですかね。伊豆急下田金目鯛の塩焼き弁当のように、鯛そのものの味でストレート勝負してほしい期待も裏切られ、「よくぞこんなに薄っぺらくスライスできたな」、というような鯛に、味噌がたっぷりと乗っかって、鯛の味をより損ねている状況です。




蛸のそぼろとか、野沢ちりめんとか、全く不要だと思うのですけど、どうなんでしょうか???

副菜のいぶりがっこは、普通に美味しいです。真鯛の味をガツンと感じられて、いぶりがっこがシンプルに添えられている駅弁が出来たとしたら、・・・美味いだろうなあ~~~。

天然真鯛弁当(秋田駅)のいぶりがっこ


関根屋さん、体裁を整えるような駅弁も決してダメな訳ではないのですが、もうちょっと全国を練り歩いていただいて、美味い弁当がどんなものなのか、勉強していただくのが良いと思います。

東北の駅弁業者、関根屋さんと吉田屋さんは、東北の持つポテンシャルを活かして頂くべく、より一層の企業努力をお願いしたいですね。料理屋は、食通が納得するようなものを提供してなんぼです。

遠くない将来、もっと関根屋さんの駅弁を食べて、良いものは良い、ダメなものはダメ、という姿勢で、レビューをしていきたいと思います。駅弁を応援したい気持ちが強すぎて、結果的に余計なお世話になってしまっている事は、ご容赦ください。

(2017年9月22日、東京駅で購入。1200円)・・・1200円でこのポテンシャルは、費用対効果の面からしたら、だいぶ不満が残ります。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.sekineya.jp/?page_id=6
秋田駅の駅弁屋さん、関根屋さんのウェブサイトです。ただし天然真鯛弁当は掲載されていません。なんでだろう???

 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ