元気豚佐倉味噌漬け弁当(千葉駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

元気豚佐倉味噌漬け弁当(千葉駅)・・・味噌の香りが引き立つブランド豚の駅弁

所用が有って、2016年の暮れ、ようやくリニューアル工事が完了して新装開店した、千葉駅の中央改札口にやってきました。今までとは比較にならない明るさで、とても快適でした。

改装オープンした千葉駅の中央改札口


この中央改札口から入場して、少し正面に歩いたところに、千葉駅の新しい駅弁売り場が有ります。以前は千葉の万葉軒の運営する売り場でしたが、リニューアルオープンに伴い、日本レストランの駅弁売り場に変わっていました。

少々寂しい気持ちにはなりますが、品揃えは万葉軒の商品がかなり多くを占めていたので、まあ良しとします。で今回買ったのは、まだ食べた事の無かった、元気豚佐倉味噌漬け弁当です。

万葉軒の駅弁は、全体的にパッケージデザインや駅弁の掛け紙が、シンプルというのか高級感が無いというのか、そういうものが大半なのですけれども、元気豚佐倉味噌漬け弁当は美味しそうに出来ています。

元気豚佐倉味噌漬け弁当の外観と外箱


参考千葉県における鉄道の見えるホテルのページはこちらをご覧ください





メインのお肉から付け合わせに至るまで、千葉県産にこだわった駅弁


では、元気豚佐倉味噌漬け弁当を食べてみたいと思います。開封すると、こんな感じです。もっと大々的に豚肉がドーンという感じかと思ったら、案外タマネギが目立っています。

元気豚佐倉味噌漬け弁当の中身


豚肉は、ロース肉との事です。ブランド豚の「元気豚」を使っているそうです。ま、「そうなんですか」というだけで、食べてもよく分からないんですけどね・苦笑。

元気豚佐倉味噌漬け弁当の豚肉


ジーッと見ていて、付け合わせには少し感心しました。というのも、鉄砲漬けが入っていますよね。鉄砲漬けと言えば、千葉県の成田が有名です。そして青物として菜の花のおひたしも、千葉県ならではですものね。らっきょうも、館山の「黄金らっきょう」との事です。

元気豚佐倉味噌漬け弁当の付け合わせ


そして肝心の味のほうですが、ロース肉にしてはちょっとパサパサしているので、どちらかというとヒレ肉のような味わいでした。でも思ったよりも豚肉が肉厚で、「肉食った」感はかなりあると思いました。

ただ、千葉の佐倉市で製造されたお味噌に漬け込んでありますから、豚肉の旨みのみならず、味噌から出るアミノ酸が美味しさをより際立たせていると思います。

この肉厚の豚をご飯の全面に敷き詰めるのはさすがに難しいと思うので、炒め野菜で「何とかしている」のはやむを得ないかなと思います。・・・というか、そういう所が庶民の知恵な訳で、全体としてなかなか好ましい駅弁に仕上がっていると思います。

肉、野菜、そして千葉県各地の名物をそこはかとなく食べさせてくれる元気豚佐倉味噌漬け弁当は、「良い駅弁」だと感じました。

元気豚佐倉味噌漬け弁当の豚肉の断面


千葉の肉系駅弁は、今回の元気豚佐倉味噌漬け弁当以外は、肉としては薄々状態のトンカツ弁当やき肉弁当がメインです。ですので、この元気豚佐倉味噌漬け弁当が存在する意味は、けっこう大きいのであります(^^♪

元気豚佐倉味噌漬け弁当


あ、最後に、新装開店になった千葉駅のびゅうプラザの中に、こんなものがありましたので、記念写真を撮っておきました・笑。

千葉駅のびゅうプラザに設置された顔看板


(2016年12月4日、千葉駅で購入。900円)



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://riei-manyoken.jp/menu
(千葉駅の駅弁屋さん、万葉軒さんのウェブサイトです。)

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ