ほたとん弁当(東室蘭駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ほたとん弁当(東室蘭駅)・・・まさかの東室蘭駅の駅弁が販売開始していた!

室蘭で超有名な駅弁と言えば、母恋めしです。今回は、それを食べるためにわざわざ内地から飛行機で北海道にやってきました。前日に千歳に降り、特急すずらんで東室蘭に移動、ホテルルートイン東室蘭駅前に宿泊して、部屋からトレインビューを楽しんだりしました。

そして翌朝、東室蘭駅での母恋めしの販売状況を確認しようと、キヨスク売店に立ち寄って、衝撃を受けました。事前情報が全くなかった、東室蘭駅の駅弁を発見です

まずは、東室蘭駅で駅弁が売られている場所です。丸印の改札口に対して、矢印の場所にあるキヨスク売店に、それは置いてあります。(キヨスクは改札の外にあります)

東室蘭駅の駅弁売り場


販売の表示が面白いです。うまさ噴火級!!と銘打って、ホタテ貝を首からぶら下げた豚がイメージキャラクターになったほたとん弁当です。要は、ホタテ飯と、豚丼の組み合わせです。

ほたとん弁当の売り場の様子


パッケージとしては、こんな感じで売られていました。ジーッと見ていると、コンビニ弁当と駅弁の中間的なお弁当のような感じがします。

ほたとん弁当と案内表示


しかし実は、コンビニ弁当とはだいぶ違います。まず、ホタテ飯自体、この駅弁を製造している噴火湾食品さんの自信作で、道の駅などで売られている商品です。

そのホタテ飯と共に、北海道らしく豚丼を組み合わせて、東室蘭駅専用の弁当にしているのです。これはもう、東室蘭の駅弁と言って良いでしょう。コンビニ弁当には無い、駅弁の掛け紙までちゃんと作ってくれていて、嬉しい気分です。

ただしこの掛け紙、印刷はインクジェットプリンターですね・笑。でも、それで十分です。インクジェットプリンターがあれば掛け紙が作れてしまう時代です。何よりも旅客の多くない東室蘭駅に、ほたとん弁当を投入してくれたチャレンジ精神に、拍手を送りたいです。

ほたとん弁当の外観と掛け紙


掛け紙の左上には、北海道新幹線開業を祝うシールが貼ってありました。こういうちょっとした気配りも、気持ちが良いものです。

ほたとん弁当の掛け紙の北海道新幹線


という事で、東室蘭駅ではお弁当を買うつもりはなかったのに、「これは絶対に買わねばならぬ」と、ほたとん弁当を購入した次第です。室蘭駅発苫小牧行きのローカル気動車の車内で、存分に味わって完食させていただきました。





ほたとん弁当は、ホタテ飯も豚丼も美味しい。お試しあれ。


では、その気動車の車内で、ほたとん弁当を開封してみたところをご覧ください。どんな雰囲気の駅弁なのかが分かります。




まず、豚丼部分から。見た感じは、B級グルメ感が漂っています・笑。まあ掛け紙のキャラクターを見たら、余計にそんな感じになりますよね。味としては、北海道の豚丼だなあと思います。やや甘めのタレに絡まった豚肉が、とても美味しいです。

そしてタレがいくぶん染み込んだご飯と共に食べると、これはもう最高ですね。口直し的に紅ショウガや大豆もやしのナムルが有って、これらが余計に豚丼の味を引き立ててくれました。

ほたとん弁当の豚丼部分


次に、ホタテ飯。豚丼とホタテ飯は味覚がごっちゃになるのではないかと危惧していましたが、ホタテ飯の旨みが強く、豚丼に全く負けることなく、これはこれで独立して美味いというのが不思議と言うか、凄いなと思いましたね。

もともと噴火湾食品にとってはこちらのほうが主力食品で、東室蘭駅でもホタテ飯単独でも売っていましたし、主に道の駅などで売られている人気商品のようです。

見た目的にはホタテの粒も小さいし、どうなのかなと感じるかもしれません。が、そのぶん沢山、ホタテ貝の入ったごはんとなっていて、貝のエキスをたっぷりと感じられます。変に上品に食べるのではなくて、地元の人達はこういうストレートに炊き込んだご飯が好きなのでしょうね。実に美味い。

ほたとん弁当の帆立飯部分


豚丼とホタテ飯の間の仕切りには、焼きそばとうずら卵、煮豆が入っています。焼きそばなどが入るので、主に若者層にふさわしい駅弁かもしれませんね。

ほたとん弁当


東室蘭駅では、旅人はつい母恋めしに手が伸びてしまうかもしれません。が、普通に食事をしたい人であれば、ほたとん弁当もとてもおススメです。ぜひ一度食べて頂いて、意外にも「リピートしたくなる味」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


(2016年11月28日、東室蘭駅で購入。730円。)



2018年夏時点で、更に「室蘭やきとり弁当」も販売に加わっています


上記の通り、ほたとん弁当を食べてから2年後。2018年の夏に、東室蘭駅を再訪しました。もう夕方で、駅弁が売り切れているのは想定外です。しかし、以下の写真の通り、東室蘭駅の駅弁が3つに増えている事を確認しました。

東室蘭駅の駅弁売り場


室蘭市の焼き鳥屋さんの「小舟」さんが調製する、室蘭やきとり弁当です。

室蘭やきとり弁当の小舟


「やきとり」と銘打っているのに実は豚肉だというのは根室駅のやきとり弁当と全く同様で、要は北海道の「ハセガワストアのやきとり弁当」方式なのですね。

ただし、販売は木曜・金曜・土曜日の週3日に10個ずつしか入荷しないという事ですから、これを食べるのは極めて難易度が高いことになりますね。

室蘭やきとり弁当


販売は、冒頭にも記した通り、駅の改札を出たところにある、キヨスクの四季彩館です。隣にセブンイレブンの隣がありますから、それが目印です。私も、ぜひ食べてみたいと思っています。

東室蘭駅の四季彩館



この駅弁を調製している駅弁屋さんはここ


東室蘭駅に駅弁をおろしている製造業者さんは、室蘭の隣町、豊浦の噴火湾食品さんです。チャレンジ精神に敬意を表したいです。ホタテ飯については、なんとネットで全国に販売もしています。

http://funkawan.biz/index.html


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ