比内地鶏の鶏めし弁当(大館駅)を東京駅で購入して食べ比べてみた

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

比内地鶏の鶏めし(大館駅)・・・私が食った時は超絶にカチカチ肉だったが美味い

大館駅の花善さんが調製する大人気駅弁の鶏めし弁当。とにかく非常に美味しくて、もう何度も食べている訳ですが、今回、新作の比内地鶏の鶏めし弁当が発売になったのを東京駅の駅弁屋祭の店舗にて発見、しかも実演販売で出来立てを食べられる状態だったので、即買いしました。

比内地鶏の鶏めし弁当の東京駅での実演販売


JR東日本の駅弁コンテスト、「駅弁味の陣」出品のために作られた新作駅弁のようで、実演販売をしている店頭を写真に撮っていたら、私の目の前をおばさんが比内地鶏鶏めしを二個持って行って、あやうく売り切れになりそうなギリギリのところで確保しました。やはりかなりの人気です。

比内地鶏の鶏めし弁当の外観


外観も、実に美味そうな装いです。黒い色の部分が、比内地鶏の高級感を醸し出していますね。紐でしっかりと結わいているのも、伝統的な雰囲気が有って良いです。

比内地鶏の鶏めし弁当の掛け紙


「本場秋田大舘比内地鶏使用・地鶏の塩焼きとそぼろ肉」と書いてあり、猛烈に食欲を喚起されました。美味いに決まってる! そんな決めつけをして、購入しました。





非常に美味い!猛烈に硬かった鶏の塩焼き以外は完璧に近い


では、食べてみる事にします。通常の鶏めし弁当も超美味しいですし、その後に大館駅で購入したから揚げ鶏めしも超絶に美味しかったので、期待感がMAXでした。開封したところが、この写真です。伝統的な鶏めし弁当と、ほぼ同様の作りとなっています。

比内地鶏の鶏めし弁当の中身


さて、肝心の比内地鶏の塩焼きです。まず真っ先に食べました。が、・・・・非常に硬かったです。数々の鶏肉駅弁を食べてきた中で、ナンバーワンの硬さでした・苦笑。もしかしたら製造工程でミスをしたのではないかと思われる硬さです。

硬くて爺さん婆さんは食べられないと思いますが、味わい的には見事です。塩焼きと言っても全く塩辛くなくて、比内地鶏の旨みをそのまま伝えてくれる味ですね。

比内地鶏の鶏めし弁当の鶏の塩焼き


この塩焼きと一緒に食べると最高なのが、花善伝統の甘めの味付けで炊き込んだ、味付けご飯です。同じく甘い味付けの比内地鶏そぼろが乗っており、これを一緒に食べると、「この味だよね!花善さん、いつ食べても最高に美味いじゃん!」と笑顔がこぼれます。

比内地鶏の鶏めし弁当の鶏そぼろと炊き込みご飯


通常版の鶏めしはお値段880円に対して、今回の比内地鶏鶏めしは1200円ですから、副菜も美味しいものを揃えてきています。茄子の田楽味噌、がんもどき煮、魚肉のつみれ、ごぼう煮、お漬物が添えられています。特上鶏めし(1200円)と類似しています。

比内地鶏の鶏めし弁当の副菜


という事で、肉が硬かった以外は最高で、何度もリピートしたくなる味です。東京駅で実演販売していたのは、花善のスタッフなのか日本ばし大増のスタッフなのか分かりませんが、次回は現地の大館駅で売られているところを食べたいなと切に願います。

比内地鶏の鶏めし弁当


比内地鶏鶏めし、肉が硬いのはいただけませんが、駅弁味の陣コンテストの上位入賞は硬い線なのではないでしょうか? そういえば少し前に秋田比内地鶏重なんてのを食べましたが、それよりも明確に断然、こちらの方が美味しいです。流石ですね。

と、上記のような事を書いていたら、案の定、2016年の駅弁味の陣でグランプリ獲得でした。美味い駅弁は美味いんですよね~~。(2016年12月追記)


(2016年10月26日、東京駅で1200円で購入。)



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://hanazen.co.jp/about/
(大館駅の駅弁屋さん、花善さんのウェブサイトです。)


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ