箱根登山電車新車両記念弁当(箱根湯本駅・小田原駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

箱根登山電車新車両記念弁当(箱根湯本駅・小田原駅)・・・結構気に入りました(^^♪

伊豆旅行のついでと言っては失礼にあたりますが、伊豆クレイルのランチコースを楽しんだ翌日、東横イン熱海駅前を出発して、一路、小田原&箱根を目指しました。

そして北海道出身の妻に、人生初の「小田原城」「箱根大涌谷」を見せてあげた際に食べた駅弁が、この箱根登山電車新車両記念弁当です。この時は小田急線小田原駅の下り線ホームの待合室が空いていたので、ここでかあちゃんの梅じゃこめしと共に、お昼ご飯として頂きました。

箱根登山電車新車両記念弁当の外観・掛け紙


※2019年7月時点で確認すると、掛け紙が以下のように変更されていました。

箱根登山電車弁当


購入したのは、箱根湯本駅のホーム上にある駅弁売り場です。もしも小田原駅で買うとしたら、小田急線改札口を出た正面の駅弁売り場にてお求めください。

外観からして、鉄道ファンの心をくすぐるような駅弁ですね。新型車両だけでなく、駅弁ラベルにはモハ1形やモハ2形などの旧型の電車も描かれています。

箱根登山電車新車両記念弁当に描かれた箱根登山鉄道


なお旧型電車については、箱根登山鉄道・110号などを駆け足撮影のページも併せて読んでいただけると、より味わい深いものになるかと思います。

参考箱根湯元のトレインビュー旅館・湯本富士屋ホテル





魚介部分は美味しいが、牛肉部分は要改善


次に、箱根登山電車新車両記念弁当の中身の確認です。外観と共に、味覚のチェックは欠かせません。待合室でお弁当を開けた雰囲気を、動画にてご覧ください。




【お品書き】

・金目鯛そぼろ ・国産牛筍のすき焼き ・紅酢蓮根 ・お野菜の煮物 ・生麩 ・お豆煮



やはりこの地域は、金目鯛が特産ですよね。そぼろ煮がご飯にマッチして、最高に美味いです。これはイケる! そして小海老の風味がたまりません。実に素晴らしい。非常に期待できる駅弁だと思いましたが・・・。

箱根登山電車新車両記念弁当の鯛そぼろ


牛のすき焼き部分はMGでした。写真がちょっと青みがかってしまって見にくい点はお許しを。何がいけなかったかというと、牛の脂分が完全に固形化して至る所に張り付いています。こうなると口の中でベトつくだけで、美味い不味い以前の問題になります。これは改良してほしいな。

箱根登山電車新車両記念弁当のすき焼き


副菜の野菜の煮物と豆の煮物。これらはとても優しい味で、ガツガツとご飯を食べながらの格好の箸休めとなります。いいですね、この素朴な味わいは。濃すぎず薄すぎず、ちょうど良い塩梅でした。

箱根登山電車新車両記念弁当の煮物


という事で、もう一度全体を見てみます。なかなかいい感じですよね。牛肉部分を改良したら、繰り返し食べたくなる駅弁になりますね。

箱根登山電車新車両記念弁当


ところで今回、私は久しぶりに箱根登山鉄道に乗りました。ちょうど土曜日で、かなりの賑わいでした。旧型電車の「109号+110号」がちょうど来まして、妻と共に乗り込みました。何度乗っても、箱根登山鉄道って面白いです。

109号電車・強羅駅にて

強羅駅で発車待ちの110号電車


聞くところによると、上記の青色塗装が施された110号は、2017年の2月に引退となるようですね。そうとは知らずに乗り込んで、大いに楽しみました。この日は混雑していましたが、平日に箱根登山鉄道に乗車して、車内で駅弁を食べるなんてものも、そのうちにやってみたいですね。




(2016年10月16日、箱根湯本駅で購入。1080円)


この駅弁を売っている、駅弁屋さんの公式サイトで情報をチェック

http://marutaka29.com/ekiben/index.php
今回の駅弁を調製した㈱丸高小田原あじ彩の駅弁一覧ページですが、箱根登山電車新車両記念弁当だけでなく、購入した全ての駅弁が掲載されていませんでした・汗。どうなってるんだ・・・。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ