日光杉並木(宇都宮駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

日光杉並木(宇都宮駅・東武日光駅)・・・お見事!日光をしっかりと味わえる駅弁

奥日光を旅して、帰り際に東武日光駅に立ち寄りました。もちろん、駅弁を買うためです。今回は合計4つの駅弁を購入して、自宅まで持ち帰りました。

下の写真は、東武日光駅です。駅弁と赤く表示のある売店では、宇都宮駅の松廼家さんの駅弁と、あとは日光鱒鮨本舗の駅弁を置いてあります。一方、写真左側のACCESSという売店では、東武鉄道系列の駅弁が売られています。

東武日光駅の駅弁売り場2軒


今回購入したのは、向かって右側です。本ページで紹介する日光杉並木と、他にはダイジ飯、日光鱒寿しささむすびを購入しています。

東武日光駅の駅弁のラインナップ


さて、購入した日光杉並木ですが、なかなか味わい深い外観となっています。粋な感じがして、非常に好ましいですね。

駅弁「日光杉並木」の外観


不織布(ふしょくふ)で出来た包みを解くと、わっぱ状になった二段重ねの容器が出てきます。

駅弁「日光杉並木」の駅弁容器


この蓋を開けると、果たしてどんな駅弁が登場するのか? 中身は次の項をご覧ください(^^♪





山の幸満載、日光に来たことを感じさせてくれる


大変好ましい外観の日光杉並木、それを開封してみたのが、次の動画です。この駅弁の雰囲気をチェックする場合は、動画を閲覧ください。




写真にて改めて撮影。うん、これは美味しそうだ!同時に購入した同じ松廼家さんの調製するダイジ飯がイマイチだったので、ホッとしました。けっこう美味しそうだぞと、思わず顔がニンマリしてしまいました。

駅弁「日光杉並木」の中身


おかずの入っている部分です。鶏肉煮、揚げた海老、ゆば焼き、ぜんまい煮、煮物などが入っています。海老をはじめとして、全てのおかずにまとまりが有って、大変美味しいです。蒲鉾が分厚いのも、いい感じです。

駅弁「日光杉並木」のおかず


日光湯波です。焼きがつけてあるのがポイントですね。これもまたかなり美味しくて、日光に来て楽しかった思い出が補強されるようです。日光たぐりゆば、と言うそうです。

駅弁「日光杉並木」の日光ゆば


ご飯は、五目ご飯の上に、椎茸や鶏肉の照り焼きが適度にカットされた状態で乗っけられていて、ご飯が進みますね。最初はかんぴょうが乗っているのかと思いましたが、椎茸でした。

駅弁「日光杉並木」の五目御飯


と言いう事で、全体的にかなりヘルシーな感じで頂きつつも、お腹にしっかりとした満足感が来ます。これはなかなか素晴らしい、というような駅弁でした。ほとんどが山の幸で作られているので、日光のイメージにもぴったりの、素敵な駅弁でございました。


(2016年10月7日、東武日光駅で購入。1000円)



日光あるいは鬼怒川温泉周辺の鉄道の見えるホテル


日光や鬼怒川温泉周辺のトレインビューホテルは、下記の通りとなります。宿泊の際の参考にしてみて下さい。

日光ステーションホテル(JR日光駅) 東武日光線(JR日光線日光線はほとんど見えない) 日光の駅周辺の唯一のトレインビュー。
鬼怒川温泉ホテル 東武鬼怒川線 巨大温泉旅館、直下に鬼怒川渓谷で、壮観な眺め。鬼怒川温泉駅からバスあり。宇都宮駅から送迎バスあり。
鬼怒川温泉あさやホテル 東武鬼怒川線 巨大温泉旅館、直下に鬼怒川渓谷で、壮観な眺め。鬼怒川温泉駅からバスあり。宇都宮駅から送迎バスあり。
旅の宿丸京(鬼怒川温泉) 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩3分、渓谷沿いではない。
大江戸温泉物語・ホテル鬼怒川御苑 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩10分、トレインビューの部屋は渓谷沿いではない。
素泊まりホテルロマン新館つつじ店(鬼怒川温泉駅) 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩5分ほど。この地域唯一のリーズナブルな旅館。



この駅弁屋さんの公式ホームページ


http://www.ekiben-matsunoya.co.jp/
(宇都宮駅の駅弁屋さん、松廼家さんのウェブサイトです。)

ホームページは完全に放置状態になっています。最近の駅弁は掲載されておらず、このあたりは要改善ですね。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ