栃木牛めし弁当(東武日光駅・鬼怒川温泉駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

栃木牛めし弁当(東武日光駅・鬼怒川温泉駅)・・・実物の温泉卵が入った牛肉弁当

福島県の会津若松から、会津鉄道、野岩鉄道、東武鉄道を経由して、首都圏に戻る事が出来ます。福島への往来にいつも東北新幹線だと大変味気ないので、まれに片道はこのルートを使うことがあります。

2016年にフルーティアふくしまに乗車した際も、帰途にこのルートを採りました。おかげで乗換駅の鬼怒川温泉駅では駅弁を購入することが出来て、旅の楽しさが増しました。

鬼怒川温泉駅の駅弁売り場


鬼怒川温泉駅には2つの駅弁売り場があり、メインというのか目立つ方の売り場は、改札口を出てすぐ目の前にあります。ここでは東武日光駅と共通の駅弁が売られています。下記が、2016年に立ち寄った際のラインナップ。そろそろ夕方に差し掛かる時刻なので、売り切れが目立ちますね。

鬼怒川温泉駅の駅弁売り場の駅弁ラインナップ


今回はこの売り場で、栃木牛めし弁当とおつまみ弁当の2つを購入しました。ま、購入したと言っても、自宅まで持ち帰って、自宅で食べたんですけどね。

栃木牛めし弁当の外観と掛け紙


今回、鬼怒川温泉駅では、上記の売り場以外に、改札を出て左奥にあるちょっと目立たない駅弁売り場、弁当カフェこだまさんの製造する、日光谺(こだま)弁当も購入しています。つまり鬼怒川温泉駅で3つ駅弁を買って埼玉の自宅まで持ち帰ったわけで、我ながらご苦労な事だと思いました。





本物の温泉卵と一緒にして食べる牛すき煮は、最高の味わいだ


開封してみると、日光の牛(それを栃木牛というのかは分かりませんが)を使った、すき焼き風のお弁当になっています。

栃木牛めし弁当の中身


思ったよりも牛肉のボリューム感が有ります。すき焼き風の味付けとなると、しらたきを大量に入れて誤魔化す業者も多い中、牛肉たっぷりで勝負してきており、大変好ましいです。

栃木牛めし弁当の牛肉部分


ただ、牛肉とご飯だけだと、少々味付けが濃いかな、と思います。けれどもそれは、この温泉卵を割って、牛肉と一緒に食べる事を前提としているからです。

栃木牛めし弁当は温泉卵入り


温泉卵を手に取ると、温泉マークが刻印されていて、なかなか細かい芸当ですね。

栃木牛めし弁当の温泉卵


少々困ったのは、この温泉卵をどうやって割ればよいのかです。電車に乗っていたらプラスチックのテーブルにコツコツやるのもためらわれますし、プラスチックにぶつけるのでは割りにくいです。私は自宅の木のテーブルにゴツンとやって上手い具合にこんな風にお肉の上に・・・。

栃木牛めし弁当の温泉卵を牛肉の上に落とす


で、卵を溶きまして、牛肉の上に伸ばしていきます。この栃木牛めし弁当、本物の温泉卵を使っているのは、確かに割る時にどうしたら良いか迷いますが、でも味覚を考えると、実にこれは正解なのであります。

例えば今年食べた松江駅の島根牛みそ玉丼。これなんぞは一体どうやって作ったのか不思議な半熟卵が入っていて、確かにかなり美味い駅弁ではありますが、卵の味は残念だなと感じました。

栃木牛めし弁当の温泉卵を割る


それに対して栃木牛めし弁当の卵は、ちゃんと卵の味わいです。この卵を牛肉に絡めて食べます。濃いな~と思っていた牛肉が卵の味でほどよくまとまって、実にピッタリな味わいになります。もちろん牛のタレが適度にしみ込んだご飯を食べると、もうこれはハッピーとしか言いようがないですね。

栃木牛めし弁当の牛肉を温泉卵に絡めて食べる


栃木牛めし弁当は、東武日光や鬼怒川温泉駅での人気駅弁となっているようです。牛肉駅弁が好きな人であれば、一度は食べておいて損はないと思います。


(2016年9月24日、鬼怒川温泉駅にて購入。1000円)



日光あるいは鬼怒川温泉周辺の鉄道の見えるホテル


日光や鬼怒川温泉周辺のトレインビューホテルは、下記の通りとなります。宿泊の際の参考にしてみて下さい。

日光ステーションホテル(JR日光駅) 東武日光線(JR日光線日光線はほとんど見えない) 日光の駅周辺の唯一のトレインビュー。
鬼怒川温泉ホテル 東武鬼怒川線 巨大温泉旅館、直下に鬼怒川渓谷で、壮観な眺め。鬼怒川温泉駅からバスあり。宇都宮駅から送迎バスあり。
鬼怒川温泉あさやホテル 東武鬼怒川線 巨大温泉旅館、直下に鬼怒川渓谷で、壮観な眺め。鬼怒川温泉駅からバスあり。宇都宮駅から送迎バスあり。
旅の宿丸京(鬼怒川温泉) 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩3分、渓谷沿いではない。
大江戸温泉物語・ホテル鬼怒川御苑 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩10分、トレインビューの部屋は渓谷沿いではない。
素泊まりホテルロマン新館つつじ店(鬼怒川温泉駅) 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩5分ほど。この地域唯一のリーズナブルな旅館。



この駅弁を売っている、駅弁屋さんの公式サイトで情報をチェック

http://www.aburagen.jp/index.html
日光で江戸時代から食べ物屋さんを営んでいたという、歴史のある油源さんの駅弁です。



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ