かにめし(一ノ関駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

かにめし(一ノ関駅)・・・地味ながらも国内上位クラスの味覚のかにめし弁当

東北本線一ノ関駅。何度行っても駅弁の似合う駅ですね。今回、市川海老蔵が平泉で歌舞伎を舞うのを見に行った際に、いくつか駅弁を入手しました。そのうちの1つが、かにめしです。

かにめしと言ったら長万部が有名で、その他にも網走駅のかにめし鳥取駅のかにめし福井駅の特製かにめしなんてのも有りますね。穴場な所では洞爺駅のかにめしも有ります。いずれも海に面した地域で発売されていて、納得感が有ります。

それに対して今回紹介するかにめしは、岩手県の内陸部の一ノ関で売られていて、かにめし弁当の販売としては、かなりレアだと思います。もしも新規販売でこれを売り出したしたら、「どうしてこの場所でかにめしなんだ?」とツッコミを入れるところですが、昔、日本で蟹が獲れ過ぎてしょうがなかった頃からの名残ですから、逆に大切にしたい駅弁の範疇に入ります。

一ノ関の駅弁業者さんが、昔から海鮮系の駅弁に力を注いでいたという事も有ります)

かにめし(一ノ関駅)の外観と掛け紙


どうです、この昭和感が満載の駅弁の掛け紙は。地方の伝統作品の1つのような趣が有ります。素朴な味わいへの期待感が、非常に高まりましたね。






ここまで良心的に作られた「かにめし」は、他になかなか無い


という事で、あわせて仙台の駅弁、宮城海の輝き~紅鮭はらこめしを購入して、いったんホテル(東横イン一ノ関駅前)に引き上げて、お腹が空いていたのですぐに開封しました。

岩手県産のひとめぼれの茶飯の上に、たっぷりのカニフレークを乗せ、そして蟹の足の部分を盛った、見た目にも満足できる駅弁です。蟹は本ズワイガニと紅ズワイガニを使用。おそらく紅ズワイガニが主で、蟹の足も、これは紅ズワイだと思います。

かにめし(一ノ関駅)の蟹拡大写真


副菜は枝豆と魚のすり身揚げ、茄子漬など。蟹のような淡い味わいのものを頂くのに、副菜が強烈すぎると、蟹の味覚を台無しにしてしまいます。その点、同じ魚介類を使ったすり身は、副菜にはピッタリでした。こういう部分で、駅弁業者のあべちうさんは、手抜かりが有りません。

かにめし(一ノ関駅)の副菜


で、一ノ関駅のかにめしの全体写真を。大いに感心したのは、かにめしの上に、余計なものが一切乗っかっていない点。全国で最も有名な長万部のかにめしも、蟹と共に椎茸やら梅干しやらを入れています。カニフレークにタケノコも入れてしまっています。

それに対して一ノ関駅のかにめしは、蟹以外の一切の余計なものが入っておらず、まさしく蟹だけで勝負に出ています。この潔さは、清々しさを感じます。そしてストレート勝負ですから、味に誤魔化しなど効きません。ちゃんと調理しないと、納得させられないのです。

蟹の足の部分が7,8本も乗っているのが、更に嬉しいですね。蟹の足からカニフレークまで、茶飯の炊き加減と共に、最高の味でした。

かにめし(一ノ関駅)


一ノ関駅には、2016年で一躍有名になったひふみ弁当をはじめ、様々な駅弁が並びます。こんなに美味しいかにめしではありますが、他と比べて相対的に非常に地味に映るので、果たして価格的にペイするのかどうか、非常に心配になります。

私的には、(小樽駅のカニ豪快盛りいくらを別として)日本で最上位クラスのかにめしだと思いますので、どうか末永く続けて下さるといいなあと思います。一ノ関駅にお出かけの際は、ぜひ一度、賞味してください。


(2016年9月22日、一ノ関駅で購入。1030円)


東北本線沿線の、鉄道の見えるホテル一覧です


一ノ関駅が位置する、東北本線の沿線の、鉄道の見えるホテルです。

ホテルメッツ八戸 東北新幹線・東北本線・いわて銀河鉄道・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より直結。
コンフォートホテル八戸 東北新幹線・東北本線・いわて銀河鉄道・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より徒歩2分。安いし朝食無料。
ホテルメトロポリタン盛岡 東北新幹線 盛岡駅直結、歩いて3分程度。新幹線のみ見えます。
ホテルルートイン北上駅前 東北新幹線・東北本線・北上線 駅より徒歩5分。朝食無料、温泉大浴場付き。
東横イン一ノ関駅前 東北新幹線・東北本線・大船渡線 駅から徒歩2,3分



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://abechiu.ekiben.or.jp/type/
あべちうさんの、取り扱い全駅弁が掲載されているホームページです。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ