おとなの焼き鯖寿し山葵(福井駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

おとなの焼き鯖寿し山葵(福井駅)・・・ピリッと抜ける山葵の風味が絶妙

福井県。・・・なかなか頻繁に出かける事のない地域なので、駅弁を食べる機会も少なくなります。そういう状況なので、東京駅の駅弁売り場「祭」で地方の駅弁が勢揃いしているのを見ると、どうしても手が伸びます。

今回、戦国幕の内弁当(米沢駅)かに豪快盛りいくら(小樽駅)とともに購入したのが、福井駅の駅弁、おとなの焼き鯖寿し山葵です。

おとなの焼き鯖寿し山葵の外観と外箱


鯖は庶民の食べ物の代表ですから、全国各地で鯖の押し寿司が売られています。その中でも山葵(ワサビ)を利かせた鯖の寿司はここだけだと思いますので、大変貴重ですし、是非一度は食べておきたい駅弁と言えます。




今回は両国国技館で大相撲を観戦しながらの、「駅弁の旅」ですね。列車の中で食べる駅弁も最高ですが、日本的な国技館の升席で食べる弁当も、なかなか良いものでした。





たまには異なるバリエーションの鯖寿しを食べるのも楽しい


さて、箱を手に取って開封してみます。箱を開けると、プラスチックフィルムに包まれた、焼き鯖寿し山葵が姿を現します。

おとなの焼き鯖寿し山葵の箱を開けたところ


フイルムを取ったところ。焼き鯖寿しの、食欲をそそる生臭さが漂います。外国人には、魚の生臭い匂いは理解できないかもしれませんね。

おとなの焼き鯖寿し山葵の中身


焼き鯖寿しを拡大してみてみます。うむ、美味そうだ。

おとなの焼き鯖寿し山葵


さらに拡大・笑。表面が炙ってあって、まさに焼き鯖寿しですな。

おとなの焼き鯖寿し山葵の表面拡大


おもむろに箸でつまんで、写真に撮影。断面を見ると、緑色っぽく見えるのがワサビです。わさびの醤油漬けと、わさびふりかけの2種類が入っているようです。

おとなの焼き鯖寿し山葵の断面、わさびが見える


鯖とワサビの味って、合いますよ。鯖の脂っぽさを山葵が中和してくれて、飽きずに最後まで食べることが出来ます。そして時々、すこしピリッとした香りが鼻を突き抜けて、癖になりそうです。

この駅弁屋さん、他にも鯖のお寿司駅弁を3つ、製造販売しています。そのうちそれら全てを食べてみたい気になります。なんとかチャンスを見つけて、福井まで出かけたいですね。


(2016年9月14日、東京駅で購入。1000円)


この駅弁の作られている、福井県の鉄道の見えるホテル


福井県における鉄道の見えるホテルをご紹介したいところですが、管理人もまだ宿泊経験がありません。北陸や甲信越地方のトレインビューホテル一覧ページをご覧いただき、近い場所にてお探しいただけるよう、お願いいたします。



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.banjyo.jp/lineup/index.php?cid=1

福井駅の駅弁屋さん、番匠本店の駅弁ページです。どんどん食べたいところですが、なかなか機会が無くてねえ。。。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ