戦国幕の内弁当(米沢駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

戦国幕の内弁当(米沢駅)・・・松川弁当店の手によるハイクオリティー幕の内

国技館に大相撲観戦をする際に、「国技館は弁当が高いので、駅弁を買っていこう!」と意見が一致して、かに豪快盛りいくら(小樽駅)おとなの焼き鯖寿し(福井駅)と共に、東京駅の駅弁屋祭で購入したのが、この戦国幕の内弁当です。米沢駅の駅弁になります。

米沢の松川弁当店さんの手による駅弁で、この駅弁屋さんも、超絶に美味い肉系駅弁の宝庫で、私も大ファンです。ときおり今回の戦国幕の内弁当のように、肉以外の駅弁も売り出すので、見逃せません。

もっとも地元の米沢駅では予約でもしない限りは入手できないでしょうから、事実上、東京駅を行き来する人間を対象にしたと言って良いでしょう。

戦国幕の内弁当の外観と掛け紙


下記は両国国技館前の、威勢のいいのぼり。戦国幕の内弁当を食べるのに、ちょうど良い雰囲気になりまして、大いに喜ばしい事であります。

両国国技館ののぼり


国技館内でも幕の内弁当など、多数の弁当が売られています。駅弁業者の日本ばし大増なんかも店舗を構えて売っていますが、どれも高額だし、幕入り後に行ったらほとんど売り切れになっているので、駅弁を買って持って行くのがいいですね。






見た目も内容も豪華な、大満足の幕の内弁当


さて戦国幕の内弁当の中身です。一番目につくのが、桜の花の飾りです。その桜の部分に配置されているのが、松川弁当店さんらしく、牛の串焼きです。やはり肉を取り扱わせたら、駅弁屋さんの中でもトップクラスです。

戦国幕の内弁当の牛の串焼き


同じく華やかな雰囲気を感じさせてくれる、海老煮です。玉子焼き、蒲鉾と共に、色合いが美しい。寝かせないであえて立たせることで、色彩感が増すというのは発見です。

戦国幕の内弁当の海老煮、玉子焼き、蒲鉾


筍ご飯ですね。茄子の漬物と椎茸煮と共に、まさに和のテイストです。

戦国幕の内弁当の筍ご飯


最後に全体写真を。中央に安定の煮物を配置することで、主菜とご飯、副菜とご飯という、箸の「動線」を邪魔しない、好ましい配置になっています。

戦国幕の内弁当の中身


今回はたまたま戦国幕の内弁当を買ったのですが、国技館で食べるのにふさわしい、豪華さを感じるような駅弁になりました。デザートとして和菓子まで入っていて、大満足でした。


(2016年9月14日、東京駅で購入。1200円。)


米沢駅前の、鉄道の見えるホテル


米沢駅で唯一の鉄道の見えるホテルは、東横イン米沢駅前になります。管理人が実際に宿泊した時に見た、鉄道の様子が分かります。山形新幹線、奥羽本線、米坂線を見ることができます。



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.yonezawaekiben.jp/index_menu.html
松川弁当店さんの駅弁一覧です。こんなにも多彩なラインナップが用意されているのに、駅では牛肉系の弁当しか売られていません。米沢駅で買う場合は、お目当ての駅弁が有るのならば、あらかじめ予約をしておくと良いでしょう。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ