かに豪快盛りいくら(小樽駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

かに豪快盛りいくら(小樽駅)・・・デパ地下グルメに近い、反則技の駅弁

北海道は小樽駅と言えば、長距離特急列車が1本も無いような不利な販売条件にもかかわらず、頑張ってたくさんの魅力的な駅弁が存在します。小樽駅構内立売商会さんの経営努力だと思います。

そんな小樽駅構内立売商会さんが、東京駅の駅弁屋祭にて販売していたのが、このかに豪快盛りいくらです。実演販売をしていたのを見たら、一瞬で食べたくなって、購入を決めました。

ただ、この駅弁はおそらく「催事用専用駅弁」だと思います。小樽駅構内立売商会さんの駅弁一覧ページには掲載されていませんし(リンクは本ページ一番下にあります)、何より食べてみて、一瞬でこれは「駅弁ではない」と分かるほどの美味さなのです・笑。

かに豪快盛りいくらの外観と掛け紙


なお今回は、初の大相撲観戦に伴って、東京駅で、かに豪快盛りいくらを購入しました。これ以外にも戦国幕の内弁当(米沢駅)おとなの焼き鯖寿し(福井駅)を購入して、一緒に行った人と取り分けで食べました。

大相撲観戦しながら駅弁を食べる


力士を見ていると、いかにも今回の駅弁「かに豪快盛りいくら」が似合っていますね。ちなみに大相撲観戦は、国技館内で売っている弁当は値段が高すぎます。駅弁を買って、升席などで酒を飲みながら見ると、お金の節約ができます。





もしも本当の「駅弁」だとしたら、ダントツで一番美味いレベル


さてかに豪快盛りいくらの美味さを、写真を見て「味わって」頂きましょうか。ズワイガニとイクラがたんまりの乗せられていて、これはもうヤバいレベルです。

豪快盛りの名の通り、ご飯の上に山のようになって盛りつけられていて、駅弁としてのサイズは小さめなのですが、まさに豪快そのものです。

かに豪快盛りいくらのカニフレークとイクラ


そして蟹の身、今まで食べた駅弁の中で、一番美味いです。というのも蟹は、時間がたつほどに速攻で風味が抜けます。そして痛みやすいのであらかじめ強めに加工されたり、酢で強力に〆られたりして、余計に味覚が無くなります。

それに対してかに豪快盛りいくらは催事用だと思われますから、ほどよく湯がいただけの蟹を、そのまんま食べるイメージです。デパ地下でこういうものを買うと、非常に美味いと感じるのと同じく、駅弁と呼ぶのも憚られるようなハイクオリティーな海鮮丼に仕上がってます。

かに豪快盛りいくらの蟹の身と蟹爪


はい、これが全体写真。ズワイガニもおそらく紅ズワイガニではなくて、本ズワイガニを使用していますね。これを出来立てで食べられるのですから、今回は皆でこの駅弁が取り合いになっちゃいました・笑。蟹の足を食べた時の美味さと言ったらもう!

かに豪快盛りいくらの外観


という事で、小樽駅のかに豪快盛りいくらのレビューでした。今回は実演販売のため、製造は日本レストランエンタープライズとなっています。

かに豪快盛りいくらの製造ラベル


本来はこういう駅弁を小樽駅で購入して、「山線」の車内で食べたいものです。でも、催事用と言っても東京駅の駅弁売り場で売られているのですから、まさに駅弁です。

小樽駅で売る事で大きな利益を出すのは困難だと思いますから、東京でこのような駅弁を売って頂く事で少しでも利益を上げ、現地の販売も継続できるようにして頂きたいですね。小樽駅の駅弁は個人的にほとんど食べていないので、こういう所でその片鱗に触れるだけでも、大変うれしい事です。

それにしても・・・、このかに豪快盛りいくらを購入したお客さん、例えば新幹線の車内などで食べて、あまりに美味くて卒倒したと思いますね。駅弁ではダントツナンバーワンレベルの美味しさと言って間違いはありません


(2016年9月14日、東京駅で購入。1480円。)


小樽駅周辺の鉄道の見えるホテル


小樽駅には実は鉄道の見えるホテルはありません。ありそうで無い。この周辺では、札幌駅の鉄道の見えるホテルを利用することになります。あるいは、北海道の鉄道の見えるホテルのページを参考になさってくださいませ。

宿泊施設 見える路線 特 徴
京王プラザホテル札幌 函館本線 JR札幌駅徒歩5分。札幌で最も鉄道を見やすい。鉄道グッズが貰える。
JRイン札幌 函館本線 JR札幌駅徒歩3分。鉄道が非常に見やすい。
ホテル京阪札幌 函館本線 上記JRインの、線路を挟んで反対側に立地。
ホテルWBF札幌ノースゲート 函館本線 札幌駅北口より左方向へ徒歩1分。
ホテルリブマックス札幌駅前 函館本線 札幌駅西出口から徒歩5分くらい



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://tachiuri.com/ekiben.html
小樽駅構内立売商会さんの駅弁一覧ページです。「海の輝き」をはじめとして、小樽駅は魅力ある駅弁の宝庫ですね!

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ