出世大名家康くん弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

出世大名家康くん弁当(浜松駅・掛川駅)・・・コミカルなネーミングではあるが実力派

2016年は、大河ドラマは真田丸です。私も見ておりますが、楽しくて楽しくて、毎回日曜日が待ち遠しい毎日を送っています。真田丸の影響もあって、今年は真田の地元の長野県に出かけて、真田家の家紋の六文銭をイメージしたレストラン列車、しなの鉄道の「ろくもん」の洋食コースランチを堪能してきました。

更には上田駅にて、真田家をイメージした駅弁、幸村戦べんとうや真田御膳まで購入して、堪能しました。

その真田幸村が、大坂夏の陣で破滅に向かって突き進むことになる大河ドラマにおいて、まさに敵役として登場するのが、徳川家康です。

今年はすっかり真田幸村に魅了されているにも関わらず、真田の恨みを駅弁を完食することで晴らしたい気持ちになったのが、浜松駅や掛川駅の駅弁、出世大名家康くん弁当です。

出世大名家康くん弁当の外観と外箱


駅弁の製造は、浜松駅の自笑亭さんです。徳川家康のこのコミカルな姿を見たら、真田幸村は地団駄踏んで悔しがるのではないでしょうか・笑。

ちなみに出世大名とはどういう意味なのか、駅弁ラベルに書いてあります(写真左上)。書き写しますと、次のような事が書かれています。

29歳から45歳までの、血気盛んな時期の徳川家康が過ごした浜松城。家康が駿府城に移った後は、代々徳川ゆかりの譜代大名がこの城を守り、その中には幕府の要職に登用されたものも多い事から、浜松城はのちに「出世城」と呼ばれることになりました。

との記載があります。ま、真田丸を沢山盛り上げてくれた徳川家康です。彼が天下を取る事で、その後明治維新まで太平の世を実現した訳で、そんな凄い人物にあやかって、私も駅弁の旅を楽しんだ次第です。

(2016年9月6日、掛川駅で購入。1050円)





これは満足度の高い、出世大名家康くん弁当の具体的レビュー


出世大名家康くん弁当、今回は、掛川駅の東海道本線のホームの一番端っこのベンチに座って、開封しました。本当は東海道本線の車内で食べたいのでありますが、JR東海のロングシートのせいで、それは不可能です。

全国的にロングシートの車両が増えた対策として、私は駅のベンチで鉄道を見ながら頂くことが多くなりました。ただし、駅のホームは風が強かったりすると、駅弁を包んでいた包装用紙や袋などが飛んでいく恐れがありますから、細心の注意が必要です。

出世大名家康くん弁当の中身


また東海道本線のホームは、ときおり凄い勢いで長大な貨物列車が通過していきます。なんだか駅弁まで風圧にあおられそうで、いささか落ち着かない感じもありながらの、トレインビューの駅弁ひとり旅になります。




さて、そんな事よりも出世大名家康くん弁当の、味の方が大事ですね。お品書きが入っていたので、次に記しますね。この地方の名産品を上手に取り入れていて、非常に良いです。

【お品書き】

・しらすコロッケ(遠州灘のしらすと浜名湖産の海苔を使用) ・煮玉子 ・自家製肉団子 ・ふぐの天ぷら ・キャベツ餃子抹茶天 ・しそ巻き ・漬物 ・家康くん大福



食べた感想としては、大変に美味しい駅弁だなと。餃子で有名な宇都宮駅の駅弁から、餃子そのものが消えた今(餃子めし弁当は存在するが、餃子そのものが入っているわけではない)、この浜松餃子は駅弁としては貴重な存在です。

そしてふぐの天ぷらもしらす入りコロッケも、非常に美味しかった。ご飯が進みます。

出世大名家康くん弁当に入っている浜松餃子やふぐの天ぷら


副菜として、あさりの煮つけが割とたくさん入っているのも好感が持てます。

出世大名家康くん弁当のおかずの煮あさり


ご飯は趣向を凝らした4種類です。うなぎご飯、みかんご飯、茶飯、しらすご飯が俵状に配置されています。幕の内弁当を思い出しますね。この4種のご飯と、おかずをどのように組み合わせて食べると美味しいのか、色々と試しながら食べるのが、とても面白かったです。

出世大名家康くん弁当の4種類のご飯


最後は、デザートの家康くん大福。ユニークですねえ。駅弁を食べ終わった後、こういう甘いものがあるのは、いいもんです。1050円という値段ながらも、内容の充実さに、大変感心しました。

家康くん大福


うん、真田幸村の駅弁もかなり美味かったが、さすが徳川の大名だけあって、・・・というか、徳川家は将軍にまでなったので、豪勢な駅弁を食べてみたいですねえ。家康はケチで有名だったとは聞いたことがありますけど・・・。



この駅弁を食べながら、・・・鉄道の見えるホテルならここ


管理人は今回、掛川駅でこの駅弁を買いました。掛川駅前の鉄道の見えるホテルと言えば、第一にくれたけイン掛川でしょう。次点として、東海道新幹線が見える、東横イン掛川駅新幹線南口があります。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.jishowtay.com/menu/1obento.html
浜松の自笑亭さんの駅弁一覧のホームページです。いい名前の会社ですよね!安政年間に、浜松城主からこの名前を付けてもらったそうですよ!


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ