うなぎ弁当(小田原駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

小田原駅の東華軒のうなぎ弁当・・・これは!うなぎ駅弁では日本最高クラスだ

全国で、うな重あるいはうなぎの入った駅弁はいくつか販売されている中、小田原駅の東華軒さんが売り出している「うな重」は、日本でも指折りの絶品うなぎ弁当です。

何が凄いかって、外食産業ではなかなか無い、国産うなぎを使った駅弁だからです。国産うなぎを使用すると駅弁価格が高騰してしまいますが、それでも我慢して作り続けている東華軒、天晴れです。

東華軒のうなぎの駅弁


東海道本線沿線では、複数の駅でうなぎ弁当が売られています。今回ご紹介する小田原駅に始まり、三島駅、静岡駅、浜松駅、名古屋駅と続く訳ですが、一般には浜松のうなぎ弁当が一番イメージの湧くところだと思います。

しかし、数々の駅弁を食べてきた私にとって、東海道本線沿線のうなぎ弁当で、心底美味しいなと感じたのは、その浜松駅と、このページの小田原駅の2社です。

このうなぎ弁当、私が数年前に食べた時は「うな重」というネーミングでした。その後に「うなぎ蒲焼弁当」に変更となり、同時に「あったか~いうなぎ弁当」も併売して、今日に至っています。





あったか~いうなぎ弁当・・・これが最新バージョン


2020年の秋以降に、恐らく販売が始まったのが、あったか~いうなぎ弁当です。あったかいの名の通り、加熱式駅弁となっています。うなぎは冷えるとやや固くなりますし、そもそもうなぎは温かいほうが断然美味しいと感じる食べ物です。冬季限定の可能性もありますが、加熱式は大歓迎です。

以下、加熱して開封して山椒を散らしたところです。シンプルに、ウナギを食べさせる弁当です。

あったか~いうなぎ弁当


表面の照り具合、あるいは焼き具合です。身のふっくら感も良く出ており、美味しそうです。

あったか~いうなぎ弁当


錦糸卵と一緒に、箸で持ち上げたところです。うなぎのタレが良く馴染んだご飯が暖かくなって、関東風に蒸した柔らかい鰻と共に、口の中でとろけました。最高でしたね。

あったか~いうなぎ弁当


購入データ
購入場所 上野駅のザガーデン自由が丘で購入。
購入日時 2020年10月29日に購入。
価格 2300円(税込み)
ラベル表示 あったか~いうなぎ弁当のラベル表示
製造 株式会社東華軒
神奈川県小田原市西酒匂1-3-54
0465-47-1186
http://www.toukaken.co.jp/ekiben.html



うなぎ蒲焼弁当の時代


こちらは、恐らく2018年の夏以降に販売となったのうなぎ蒲焼弁当です。私は「蒲焼弁当」となったうなぎ弁当は食べた事が無く、Twitterからの転載としてご紹介するにとどめます。

パッと見、うな重よりも値段が100円上昇して、ウナギの量がやや減り、代わりに錦糸卵をご飯にまぶすようになった感じです。近年、うなぎの価格が著しく上昇しましたので、これはやむを得ない措置だと思います。上で紹介したあったか~いうなぎ弁当は、このうなぎ蒲焼弁当の加熱版です。



先日(2020年12月某日)、東京駅の駅弁屋祭を覗いてみたら、このうなぎ蒲焼弁当が売られていました。危なく手が出るところでしたが、ぐっとそれを押さえ、まだ食べた事のない駅弁を買い求めたのでありました。





2015年に食べた時は・・・「うな重」


こちらは、2015年に東京駅の駅弁屋祭で購入したうな重です。私は鰻が大好物なのですが、それまでは鰻がメインディッシュの駅弁は、極力遠ざけてきました。なぜなら、心の底から美味いと感じるうなぎ弁当は、ほとんど無いと思っていたからです。

しかし、まさかこんなにも美味い、本格的なうな重が駅弁にあるとは、思ってもみませんでした。しかも、うなぎ価格が高騰したこのご時世です。

うな重(小田原駅・東華軒)のうなぎ




ボリューム的には、吉野家の3倍はあります。それが日本産で、しかもめちゃくちゃ美味しいのですから、たまりません(^^)/ 生きてて良かった~~~。

うなぎを蒲焼状態にするときには、焼いて蒸す関東風と、蒸さずに焼く関西風がありますが、小田原ですからもちろん関東風になります。ほっこりと柔らかな風味です。(以前、福岡で食べた吉塚うなぎランチなどはまるで焼き魚でしたが、関東人の私は、関東風の方が好き。)

それにしても、冷えているお弁当でここまでうなぎが美味しいというのは、これは全くの奇跡です。いったいどうやって製造しているのでしょうか。職人技なんでしょうね。

うな重(小田原駅・東華軒)


この時、ここまで美味しいうな重を頂き、認識を改めました。ウナギ系駅弁も積極的に試していきたいと思い、それ以降は冒頭で示した東海道本線沿線のうなぎ弁当をはじめとして、色々と食べ進めています。

(2015年8月10日、東京駅で購入。2310円)



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ