新みやぎ三陸黄金海道(仙台駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

新みやぎ三陸黄金海道(仙台駅)・・・三陸の海の幸を一堂に会した豪華さ

仙台駅には駅弁屋さんが2つあって、そのうちの1つが、今回の「こばやし」さんの手による、新みやぎ三陸黄金海道。こばやしさんの駅弁は前回、牡蠣と炙り煮あなご弁当を頂いて、あまりに甘すぎる味付けに往生して、海鮮系は期待できないのかとビクビクしながらの今回の購入です。




今回は大宮駅の駅弁屋旨井門での購入です。パッケージデザインがあまりにも目立ちまして、しかも名称も非常に食欲をそそります。ここはもう一度、こばやしさんのリベンジの場を設けるしかないと思い、購入した次第です。

なお、外観写真だけ見ると、非常に大きなお弁当のような気がするかもしれませんが、実際にはやや小ぶりな駅弁です。箸の長さで駅弁の大きさをイメージしていただくとなんとなく分かります。





多品種少量の盛り合わせで感じる満足感がいいね


新みやぎ三陸黄金海道を開封しますと、下記のような感じです。開けた瞬間、これは美味しそうだと感じました。ウニなど無理やり入れたりしないで、庶民の味をメインにしているところなど、好感が持てます。




宮城県産のほとめぼれを使用した白米の上に、帆立照り焼き、さんま(気仙沼産)甘露煮、いくら、鮭(南三陸産)照り焼き、牡蠣(石巻産)煮、玉子焼き、笹かま(石巻)、煮穴子、等々が乗っけられています。

適度な分量の、イクラです。その向こう側に、気仙沼産のサンマで作った甘露煮です。サンマは豊富に撮れる食材ですが、痛みやすいので駅弁に入る事はほとんどありません。サンマは三陸を代表する海の幸ですから、嬉しいですね。




煮穴子も入れられています。穴子の分量もちょうど良く、全体とのバランスが取れています。




さんま甘露煮の隣には、鮭の照り焼きと笹かまぼこです。焼き鮭を入れた駅弁は多数あるものの、照り焼きにしたのはほとんどないと思うので、大変珍しく、そして美味いです。笹かまぼこを入れたのも、なかなか良いです。これだってれっきとした海の幸ですものね。




帆立です。何もいう事ありません。




そして最後に牡蠣。以前食べた牡蠣の駅弁のような激しい甘みは感じられず、ほどよい味付けだと思いました。もしかしたら同じものを使っているかもしれませんが、1つだけだと、ちょうど良いですね。




今回、新みやぎ三陸黄金海道を食べた感想としては、とにかく沢山の海の幸を豊富に味わうことができる点が、素晴らしいと思いました。いろいろと入っているので、全体としての満足感が高まり、海の幸を満喫できたと思います




上記、駅弁のパッケージの側面には、東日本大震災の復興を願う言葉が書かれています。大被害地の三陸を中心とした食材で構成される新みやぎ三陸黄金海道、ぜひ食べて頂いて、応援してあげてほしいなと思います。

(2016年7月17日、大宮駅で購入。1100円。)


この駅弁が売られている、仙台駅近隣の鉄道の見えるホテルはここ


新みやぎ三陸黄金海道」が売られている、仙台駅周辺の鉄道の見えるホテル情報は、下記の通りです。他にもあるのですが、泊まった事のあるホテルは下記の二か所。

アパヴィラホテル仙台五橋 東北新幹線 JR仙台駅より徒歩8分、価格と中身のバランス良し。
オレンジ・イン仙台東 東北新幹線・東北本線 JR東仙台駅より徒歩7分、格安。



この駅弁の製造業者さん情報

仙台駅の代表的駅弁業者、こばやしさんのホームページをご覧ください。
http://www.kobayashibento.com/shopping.php?c=1

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ