たっぷり野菜弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

たっぷり野菜弁当(東京)・・・想定外の美味しさに大いに驚くハイクオリティ駅弁

駅弁が大好きな当サイト管理人も、よく分かっていないのですが、恐らく春と秋の年に2回販売になる、「たっぷり野菜弁当」が意外と美味しくて大好きです。このページでは、季節限定となる春のたっぷり野菜弁当と秋のたっぷり野菜弁当を購入した時の記録です。

春のたっぷり野菜弁当はコチラ
秋のたっぷり野菜弁当はコチラ



春のたっぷり野菜弁当


まず、春のたっぷり野菜弁当から。品川駅の駅弁屋にて、季節限定という言葉につい惑わされて買ってしまったのが、この春のたっぷり野菜弁当です・笑。

春のたっぷり野菜弁当外観


開封してみると、こんな感じになります。動画にも撮ってみました。




この時に初めてたっぷり野菜弁当を購入、正直言って大して期待していなかったのですが、これが予想外のハイクオリティでした。

野菜、豆、きのこを25種類使用、駅弁1個食べて、たったの475キロカロリーで、ふつう、こんなにも低カロリーのものを食すと、味気なくて困惑する事も多いです。しかし、春のたっぷり野菜弁当は、しっかりと「駅弁を食べたと」いう満足感を味わうことができます。


春のたっぷり野菜弁当の中身

お品書き
・和風あんかけ(野菜入りひろうす、菜の花、穂筍、ふき、れんこん、人参)
・菜の花の海苔風味和え
・野菜のバターしょうゆ風味(ジャガイモ、アスパラガス、玉ねぎ)
・飾り人参煮
・山菜とえのきのバジル和え
・タラの芽から揚げ
・南瓜素揚げ
・赤パプリカ素揚げ
・根菜サラダグリーンピース
・くず餅(さくら風味)
・マンナン入りご飯(梅しそふりかけ)


ダイエットを気にする人に最適なのが、このマンナン入りご飯でしょう(こんにゃく入りご飯)。これがまた、ふつうに白ご飯と間違えます。というか、言われても分からないレベルの自然さです。

おまけにデザートまで入っていて、正直、何も文句のつけようがないくらいの見事な駅弁に仕上がっていると思います。季節ごとにぜひ、販売してほしいですね。

春のたっぷり野菜弁当のマンナン入りご飯


ちなみにこの駅弁、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの室内で、いただきました。トレインビューのお部屋で食べられるなんて、鉄道ファンにとっては涙ものです。

(2015年3月16日、品川駅で購入。870円)





秋のたっぷり野菜弁当


続いて、上記から3年後の2018年の秋のシーズンに食べたのが、秋のたっぷり野菜弁当です。やはり498キロカロリーのヘルシー駅弁です。お値段は、わずかに値上げになって900円です。




御弁当の容器自体は、特に変更は無いようです。5つに区分けされたお弁当箱への盛り付け方も上手で、なかなかテンションが上がるお弁当です。



お品書き
・揚げ餃子(野菜餃子)
・野菜の甘辛ソース和え(茄子、さつま芋、蓮根、いんげん)
・煮物(舞茸、かぶ、人参、里芋、牛蒡、銀杏)
・じゃが芋バター醤油焼き
・長ネギバター醤油焼き
・ひじきとえのきのしそ風味和え
・赤パプリカ揚げ
・南瓜サラダ
・くるみの甘露煮
・大根の柚香煮
・マンナン入りご飯
・野沢菜漬け
・栗煮


メインディッシュになるのは、野菜餃子でしょうか。餃子入りの駅弁はほとんど無く、珍しいおかずです。もちろん、女性が召し上がる事を前提として作られた駅弁ですから、ニンニクは入っておらず、臭いが付く事はありません。




煮物もあっさりとしていて、濃厚過ぎる味が好みではない当サイト管理人の口に合います。銀杏が、秋らしい季節感を出していますね。




大根の柚香煮などは大変に上品で、なんだか懐石料理でも食べている雰囲気になります。




このように、少しずつ多彩なおかずを盛り付けてくれるのが大変に嬉しいです。じゃが芋や長ネギのバター醤油焼などは、とても駅弁とは思えないお料理ですね。こういったものが入るようになった東京の駅弁の質の高さは、もっと注目されて良いと思いますね。




そして、工夫が凝らされたおかず達を受け止める存在の、マンナン入りご飯も相変わらずの美味しさです。秋らしく、栗を添えています。栗煮が甘いので、デザートの代わりになるという点も、なかなか考えられたメニューだと思います。




以上、春と秋のたっぷり野菜弁当についてのレポートでした。もしも「夏」や「冬」にたっぷり野菜弁当が売られているのを見つけた時には直ちに購入して、このページでご紹介したいと思います。

(2018年10月7日、大宮駅で購入。900円)



品川駅の、鉄道の見えるホテル一覧です


春のたっぷり野菜弁当を購入した、品川駅に発着するトレインビューを楽しめる宿は、下記の通りとなります。お部屋で駅弁食べながら、電車を見るのも良いものですよ。

品川プリンスホテル(メインタワー) 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。下段、イーストタワーよりも高さがある分見やすい。
品川プリンスホテル(イーストタワー) 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。
京急EXイン品川駅前 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。意外と見にくい感じがします。
東横イン品川駅高輪口 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。朝食無料。
御殿山ガーデンホテルラフォーレ東京 東海道新幹線、山手線、京浜東北線、東海道本線、遠くに京急線 駅からやや遠いのが難点。シティホテル。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 東海道新幹線、山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線 品川駅(港南口、中央口)から直結。ホテル専用エレベーターからフロントに移動。エレベーター入口が分かりにくい。



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ