鶏のきじ焼弁当(ろくもん車内)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

鶏のきじ焼弁当、ろくもん車内だからと言う期待感はあったものの・・・

しなの鉄道で大人気のレストラン列車と言えば、ろくもんです。超絶人気なので、何度か予約にトライして、ようやく乗ることが出来ました。

下の写真は、小諸駅に停車中のろくもんです。旧国鉄の115系電車が、見事にリニューアルされています。渋いのですけれども、全く地味に見えない外観で、素晴らしいデザインでした。

小諸駅に停車中のろくもん


そのろくもん、車内で食事を摂らないで、指定券だけで乗車する事もできます。その場合は1号車に乗る事になります。1号車にはミニカウンター(売店)があって、下記のようにお土産品や飲み物などを買うことができます。

ろくもん車内のミニカウンター(売店)

ろくもん車内限定駅弁、鶏のきじ焼き弁当の外観と掛け紙


そして乗車してから気が付いたのが、車内限定駅弁がある事。車内でしか売っていないのですから、駅弁と表現して良いのかはかなり微妙ではありますが、単なる弁当とは呼びたくないので、あえて駅弁と言わせていただきます。

車内で購入しても、車内では食事が出ますから、食べる訳には参りません。よって、自宅に持ち帰って、夜ごはんとして頂きました。





美味しいことは美味しいが、鶏肉系駅弁としてはごく普通


ろくもんの車内で売っていますし、駅弁の表示を見ると、沿線にの有名な料亭で製造されているとの事で、超一流絶品の味わいの駅弁かもしれないと想像してしまいました。

が、駅弁を広げて、「それは無いな」とピンときました。食べまくっていると、食べる前からなんとな~く、分かるようになってくるから本当に不思議です。

色合いとしては非常に白みがかっていて、ここまで色合いが白色の鶏肉弁当は初めてかもしれません。それと、ニンニクを使って風味を出している事から、鶏のきじ焼弁当にも関わらず、イメージと違ってニンニク臭がぷーんと漂ってくるもも不思議です。

鶏のきじ焼き弁当の中身


食べてみると、普通に美味しいです。合格点だと思います。肉厚の信州ハーブ鶏の下には、鶏そぼろがあって、ご飯によく合います。

しかし、最高に美味いとか、そういう感情は湧いてきません。だいいち、ニンニク風味と副菜のしいたけ、きんぴら等々がイマイチ合わないと思うのですよね。ニンニクの臭いが、鶏肉の淡白な味をダメにしているようにも感じられますし。

鶏のきじ焼きの拡大写真


よく思うのですが、駅弁はやっぱり、昔から駅弁を製造している業者さんのものの方が、断然美味いです。冷えた状態でも美味しく頂けるような工夫を昔から考えてきているわけで、その点で、本業のついでにちょこっと弁当を作る業者は勝てないと思います。

(もしも駅弁業者が駅弁ではなくて、料亭で料理を提供したとしても、古くから料亭の味を探求してきたお店には到底勝てないと思うのと、同じことだと思います。)

今回ろくもんの鶏のきじ焼弁当を食べ終わって、口直しに高崎駅の鶏めしを食いたいと思いました。青森駅や野辺地駅のとりめし大館駅の鶏めしなどなど、超絶に美味い鶏肉弁当を無性に食べたくなりました。

あ、鶏のきじ焼きと言えば、ちょうどつい先日、同じ信州の小淵沢駅の駅弁、きじ焼きわっぱを食べたばかりなのでした。そちらのほうが、数段上ですね。

ニンニク風味の鶏肉料理は、料亭で出していただければなと思います。駅弁は駅弁としての工夫を凝らしていただいて、信州ハーブ鶏の本来の旨みを究極まで引き出した鶏のきじ焼弁当を、作って頂けると嬉しいなと思います。


(2016年7月20日、ろくもん車内で購入。)


しなの鉄道のろくもんに乗車した時の体験記


今回乗車したろくもんの乗車体験談を、下記の2ページに掲載しています。ご興味のあるところを読んでいただけると嬉しいです。

しなの鉄道の「ろくもん」は評判以上で仰天した
ろくもん洋食コースのランチを完全レポート・超美味最高!



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.odamaki.jp/
この駅弁を作った、信州は上田市、料亭緒環(おだまき)さんのホームページです。案の定、この駅弁の事など全く書かれていません。駅弁に本気ならば、必ずそのことを書くと思うんですけどね・・・。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ