わらじかつ弁当(西武秩父駅)を食べた時の記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

わらじかつ弁当(西武秩父駅)・・・B級グルメの満足感が見事な駅弁に!

西武秩父駅の駅弁は、2018年に開業した「西武秩父駅前温泉 祭の湯」のオープンに伴う駅舎のリニューアルによって、売られていた全てのお弁当が販売終了となりました。完全に秩父の駅弁が失われたのかと思って現地を訪問したところ、わらじかつ弁当を見つけました。

わらじかつ弁当は、以前も別の業者の手で「西武秩父駅の駅弁」として存在していましたが、それとは業者が異なりますし、外観も全く別物になっています。

以前のわらじかつ弁当のほうが「いかにも駅弁」と言った風情が出ており、良かったのでありますが、2018年に登場した下記のような素気の無いお弁当であったとしても、地元の名物を駅で弁当として販売しているのであれば、これはもう駅弁と称して良いでしょう。

わらじかつ弁当


開封すると、わらじのような形状をしたトンカツが二枚、乗っています。他には香の物が二種類わずかに添えられているだけであり、価格的にもこのようなものだとは思いますが、だいぶ潔い雰囲気の漂う駅弁ですね。

わらじかつ弁当


パン粉がサクサクしているように見えるかもしれませんが、醤油だれをくぐらせたわらじかつでもありますし、しっとりとしています。

わらじかつ弁当


持ち上げてみますと、確かに大きいことは大きい。が、以前の(次の項で紹介する)わらじかつのほうが更に大きかったなと、昔の事を思い出してしまいました。

わらじかつ弁当


わらじかつらしく、食べてみると案外薄いトンカツなのであります。カツの脂身の美味しさと、タレの甘じょっぱさの組み合わせは、病みつきになりますね。




ご飯の部分です。トンカツも美味しいですし、醤油だれも美味しく、それがご飯に適度に浸みこんで、「トンカツ無し」でもペロリと平らげてしまえそうなほどでした。思ったよりも甘さは控えめに感じました。甘辛く感じるのは、ご飯本来の甘みと混じり合うからでもあるのかなと想像しています。

現在の西武秩父駅には数種類の駅弁がありますが、店頭で時間を変えて何度かチェックしてみたところ、一番人気はわらじかつ弁当のようでした。日に何度か補充されますし、まさか西武秩父駅で、調製してから時間が経過していない駅弁を食べる事ができるとは、かなり意外な事でした。

わらじかつ弁当


以下、写真以外に動画にも納めております。全体としての雰囲気は動画の方が分かりやすいですし、当サイト管理人が実際にモグモグと食べておりますので、その様子もご覧ください。




なお、このわらじかつ弁当は、実際のところは調製元が秩父市内の他にも卸しているお弁当と思われ、正確に言うと駅弁ではないかもしれません。しかし、冒頭にも記した通り、私としては駅弁として扱いたいという気持ちです。

また、納品に来ていた調製元のおっちゃん曰く、幕の内弁当などは一日に1回の納品であることが多いものの、わらじかつ弁当については何度か補充に来るそうです。ただし、朝からお昼までの納品になるそうで、夕方に行った場合には売り切れてしまう可能性もあります。


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」売店にて購入。祭の湯の売店と言っても、駅の改札口(改札外)のすぐ隣です
購入日時 2018年11月18日、午前10時に購入。
価格 680円(税込み)
ラベル
表示


調製元の代表者さんのお名前が、社会党の土井たか子委員長に似ているなと、そんな所に目が行くのでありました・笑。
製造 あがつま
埼玉県秩父市熊木町16-7
0494-22-3016

ホームページはありません。西武秩父駅から5分弱の所にあるお弁当屋さんです。下記、グーグルストリートビューで見たあがつまさんの外観です。朝5時から10時までの午前中に調製するようです。

販売 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」売店
・営業時間:6:30~20:30
・電話:0494-22-7111(代表)
https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/miyageichi/index.html


 


以前の「わらじかつ弁当」は販売終了


こちらの項は、以前に販売されていた別の業者のわらじかつ弁当で、既に販売終了となっています。この時は旅するレストラン・52席の至福に乗りに行った時に購入しています。

秩父釜めし(こちらも終売)を買うために売り場に行って、秩父釜めしよりもはるかに目立っている秩父名物わらじかつ弁当に、超驚きました。




私が行った時は4つ、わらじかつ弁当が置いてありました。隣に秩父釜めしがありますけれども、誰が見たって秩父名物わらじかつ弁当のほうが美味そうに見えます。

西武秩父駅で発見したわらじかつ弁当


これは絶対に買わなきゃいけないだろと思い、予想外の出費になりましたが、買ってきました。駅弁としては満足できる価格帯で、800円でした。(ただし2018年の新しいわらじかつ弁当は680円と、更に低価格です。)

わらじかつ弁当の外観、掛け紙
(西武秩父駅で買って、自宅に持ち帰って撮影したものです)


駅弁の掛け紙を外して開封してみると、まさに秩父の「わらじ」のように大きな面積のカツが、ドーンと乗っていました。

わらじかつ弁当の中身


小さいのと大きいのが乗っかっていて、小さい方を持ち上げたのが下の写真。デカい方は本当にデカかった。実際に食べてみると、「ガッツリと食った感」が満載でした。

味付けは醤油味なのですが、甘くも辛くもなく、絶妙でした。そして肉はかなり薄めで、だからこそ面積を稼げるんだなと納得。これで分厚かったらとても食いきれないですからね。

それにしても、何だろうな~~、この何とも言えない満足感というか嬉しさというか。下手すると極薄の節約トンカツと酷評されかねないギリギリのところでしたね。似たような商品に、千葉駅の万葉軒が調整するトンカツ弁当があるのですが、あれよりも数段美味いです・笑。

わらじかつ弁当のわらじかつをアップ


もう1つ驚いたのが、この秩父名物わらじかつ弁当の調整業者です。なんと西武鉄道株式会社じゃないですか! 全国でも、鉄道運営業者が直接手掛けていると表示される駅弁は、ここだけなのではないでしょうか?(当然、2018年の終売によって、西武鉄道が調製する弁当は無くなりました。)

JR東海も駅弁をやってますが、本体ではなくて子会社のJR東海パッセンジャーズで調整しています。そういう意味でも、なかなか面白い駅弁と言えます。

わらじかつ弁当の原材料名と製造者


(2016年5月21日、西武秩父駅で購入。800円)


参考埼玉県の鉄道の見えるホテルの一覧ページ


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ