島根牛みそ玉丼(松江駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

島根牛みそ玉丼(松江駅)・・・こういった地方の努力を、もっと都市部に!

島根牛みそ玉丼、第11回京王駅弁大会で、美味しかった駅弁アンケートで1位に輝いたことのある駅弁です。かねてから食べたいとは思っていましたが、日本の僻地・笑、島根県まで出かけるのは非常にしんどく、いずれ食べようと先送りしておりました。

島根牛みそ玉丼(松江駅)の外観


しかし、日本の流通システムの進歩は凄いですね。今や東京駅で、僻地の駅弁を多数、購入することができる時代なのですから。地方と都会の格差は、努力次第で全く埋め合わせる事が出来る時代です。駅弁屋さんでもそれに気が付いた業者は、大胆に東京駅に販売をシフトしています。

島根牛みそ玉丼の調整業者、一文字屋さんの努力のおかげで、私がノコノコと山陰の遠くまで出かけなくても、ずっと憧れていた駅弁を賞味できるのですから、本当にありがたいです。





憧れの島根牛みそ玉丼、その味はどうだったのか?


ごめんなさい。まず謝罪であります。島根牛みそ玉丼を食べたのは、総武線快速電車のグリーン車です。この車両、駅弁を撮影するとなぜか、黄味がかった色合いになってしまいます。

下記の写真2枚とも、黄味がかっておりますが、実際はもっとナチュラルな色合いになります。ただしい色調は動画の方でよく分かると思いますので、あわせてご覧になってください。

島根牛みそ玉丼(松江駅)の中身

島根牛みそ玉丼(松江駅)の牛肉と卵


島根牛みそ玉丼ですが、牛肉弁当の中では異色の味噌味です。しかし、味噌の味を濃厚に感じるほどではなくて、しっかりと牛肉の味をストレートに感じます。

玉子はてっきり温泉卵のようなものだと思っていましたが、それだと駅弁に入れると下手をすると腐ってしまって大問題なので、特殊な加工をされた鶏卵加工品が使われていました。本来の卵の味ではないので、少しばかり残念です。

が、このトロッとした卵を箸で割って黄味の部分をトロリと出して、牛肉の味噌煮とからめて食べると、かなりの旨さです。これなら確かに人気が出るのも納得できます。

糸こんにゃくも入っているのですが、牛肉の方が圧倒的に多くて、実に素晴らしい。糸こんにゃくをたくさん入れて原価を押さえたくなる衝動をグッとこらえた、イケてる駅弁ですね。

あ、動画を張り付けておきます。見た目に近い色合いは、この動画の通りです。東京駅で売られているのを見かけたら、たまには山陰地方の駅弁を賞味しても楽しい事でしょう。




(2016年4月10日、東京駅で購入。1050円)



山陰本線沿線、鉄道の見えるホテルの一覧

山陰本線沿線と、あるいは山陰のトレインビューホテルの一覧です。実は鳥取駅周辺にも鉄道の見えるホテルがあるのですが、なにぶん現地に行けてないので、掲載していません。今後の課題です。

ホテルハーベストイン米子 山陰本線、伯備線電車、境線 米子駅から徒歩1分の好立地。やや高め。転車台が見れる。
ホテルアルファーワン第2松江 山陰本線 松江駅から徒歩1分。料金は安いが、鉄道は少々見にくい。
ホテル一畑(宍道湖温泉) 一畑電車 JR松江駅よりタクシーで10分・バスで20分。一畑電車松江しんじ湖温泉駅すぐそば。
ホテル武志山荘(出雲) 山陰本線、一畑電車 JR出雲市駅より800m、徒歩10分。一畑電車出雲科学館パークタウン前徒歩1分

この駅弁屋さんの公式ホームページ

松江の駅弁屋さん「一文字屋」さんページです。みそ玉牛丼以外にも、みそ玉豚丼もあるんですね。というか、全部食べたいです。
http://www.ichimonjiya.jp/business/ekiben.html


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ