蟹とえんがわの弁当(福井駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

蟹とえんがわの弁当(福井駅)・・・日本料理店が作るだけあって、真面目に美味い

以前、Twitterのフォロワーさんがこの駅弁を食べているのを目撃して、どうしても食べたいと思って、新宿駅の駅弁屋さんにて購入したのが、この蟹とえんがわの弁当です。

福井県鯖江市の日本料理店が製造している弁当で、新宿駅で入手したからといって「本当」の駅弁なのかどうかは、イマイチ分かりません。福井駅(あるいは鯖江駅)で、蟹とえんがわの弁当が売られているのでしょうかね?

かにとえんがわの弁当の外観


蟹とえんがわの弁当の外観は、なかなか食欲をそそるデザインです。これなら、つい手に取ってしまう人も多いのではないでしょうか?





蟹とえんがわの弁当を食べてみた感想


蟹とえんがわの弁当を開封してみた動画が、下記になります。実はこの日はトレインビューホテル、アパホテル東京板橋駅前に宿泊しておりまして、窓の外に埼京線を眺めながら、駅弁を頂く贅沢を味わいました。




写真で見ると、こんな感じです。えんがわは想像通りで、私が驚いたのは、蟹の部分です。今どきの蟹を味わえる駅弁って、昔と違って蟹が有り余るほど採れる訳ではないので、蟹を使うにしてもかなり少量になったり、蟹フレークなどを入れたりしています。

だから、全国のかにめしやかに寿司系の駅弁は、名前が知られている割には、思ったほど美味しいとは思えないものが非常に多い。(例えばかにごはん弁当とか・苦笑)

それに対して蟹とえんがわの弁当で使われているズワイガニ、このボリューム感は素晴らしいなと感じました。蟹だけで駅弁を作れないでしょうから、えんがわとコンビを組んで駅弁を作った工夫が、良いなと思います。

かにとえんがわの弁当の中身


で、蟹の味です。数ある蟹系駅弁の中では、蟹の風味がシッカリと残っていて、しかも見た目と同じボリュームの触感があり、駅弁としてここまでの味を実現で来たことは奇跡なんじゃないかと思いました。

蟹とえんがわの弁当は、名の通った駅弁とはとても思いませんが、これは高く評価されても良いと思います。蟹だけで、まず大いに満足しました。

かにとえんがわの弁当の「えんがわ」の部分


えんがわについて。これはもう、普通に美味いです。どこをどう切り取っても、えんがわの美味しさが口の中に充満します。ただし、えんがわの駅弁では、新潟駅のえんがわ押し寿司といいう最高レベルに美味いのがありますから、少々分が悪いですね・笑。

えんがわに醤油を付けて頂く


以上、福井の蟹とえんがわの弁当のレビューでした。新宿駅をはじめ、都内の駅弁売り場で見かけた際は、買ってみてください。期待を裏切らない駅弁だと思います。

(2016年1月21日、新宿駅で購入。1200円。)



この駅弁の作られている、福井県の鉄道の見えるホテル


かにとえんがわの弁当」が売られている、福井県における鉄道の見えるホテルをご紹介したいところですが、管理人もまだ宿泊経験がありません。北陸や甲信越地方のトレインビューホテル一覧ページをご覧いただき、近い場所にてお探しいただけるよう、お願いいたします。



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.ichinomatsu.jp/jp/

福井県鯖江市の日本料理屋さん、株式会社一乃松さんが、蟹とかれいのえんがわ弁当を作っているようです。しかし、このような安い価格帯の弁当類は、いっさいホームページには記載されていませんね。

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ