辛子めんたいこ弁当(博多駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

辛子めんたいこ弁当・・・地元民以外は、つい買っちゃうよね・笑

2015年末、妻と共に九州を旅行した際、(今回の旅行は、ブルートレインたらぎの宿泊と、肥薩おれんじ食堂のクルージングディナーが目的)、九州の入り口駅たる博多駅で、最初に購入した駅弁が、辛子めんたいこ弁当です。妻が見た瞬間、九州といったら明太子、という事で決定。

博多駅新幹線改札口内の駅弁売り場


同じ場所で、僕は鳥栖駅弁のかしわめし復刻版を購入しました。関東に住んでいると、明太子などは普通に食べられますが、かしわめしを食す機会は皆無ですからね。北海道民の妻は、北海道内では明太子を食べる習慣がほとんど無いので、明太子に即反応って感じでしたね。

辛子めんたいこ弁当(株式会社みかげ)の外観


駅弁の外観を見ると、めんたいこを食べようと思っている人が見たら、一瞬で手が伸びそうな掛け紙です・笑。





ちょっと、明太子が少ないかな・笑


さて、いったい中身はどんな感じなのかな。期待を胸に開封した時の様子が、下記の動画です。東横イン熊本駅前に宿泊して、ホテルの客室内で頂きました。東横インの照明は、全国どこに行ってもこうやって黄味がかってしまうので、その点はご容赦を。




妻に聞いてみたところ、「想像していたのとちょっと違う」との事で、食べながらも不満顔でした・笑。どうやら、駅弁の掛け紙を見たイメージでは、大ぶりの明太子がドーンと入っているのではないかと思ったようです。

辛子めんたいこ弁当(株式会社みかげ)の中身


実際は、明太子も入った幕の内弁当と表現して良いでしょうね。確かにこれでは、明太子を期待して買った人は、ガッカリするかもしれません。

辛子めんたいこ弁当(株式会社みかげ)の、辛子めんたいこ


ただ、駅弁屋さんの肩を持つわけではありませんが、私も味見したところ、駅弁としては良好な味わいだったですけどね。僕は十分に美味しいなあと思って食べましたよ。

・・・まあ、確かに辛子めんたいこの量が少ないなあとは思うけど・苦笑。明太牛たん丼のような駅弁だと、もっと嬉しいんですけどね~。


(2015年12月18日、博多駅で購入。1000円)



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.oecmikage.jp/index.html

今回の辛子めんたいこ弁当、駅弁ではありますが、調整しているのは福岡市の宅食、高齢者向けサービスなどを展開している、株式会社みかげさんです。ホームページを見ても、今回の辛子めんたいこ弁当は掲載されていません。

今回の辛子めんたいこ弁当、なんとなく旅人の「ツボ」にハマらなかったのも、純粋な駅弁業者ではないので、旅人の心の中までは読み切れていないからなのではないかなと思いました。



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ