福の島おとなの幕の内(郡山駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

福の島おとなの幕の内・・・ここまで満足できる幕の内弁当はなかなか無い

娘と一緒に東北新幹線に乗車した際に、当サイト管理人の私がセレクトしたのが、福島県は郡山駅の駅弁、福の島おとなの幕の内です。(大宮駅で購入。娘は米沢駅の名物駅弁、牛肉どまん中

福島県は原発事故以来、窮地に立たされています。なので私も、機会を見ては福島の手助けになるような事を行いたいと考えていて、今回のこの駅弁も、福島応援の気持ちで買いました。

それに何より、食べた事のない駅弁ですからね。厳しい経営環境が予想される中、頑張って販売をし続けてくれる業者さんがあれば、応援するしかありません。

福の島おとなの幕の内の外観・掛け紙


外観は、至ってシンプルです。ちょっとシンプルすぎないか・笑。でも、「福」の字がめでたい感じで、個人的にはこういうのは好きです。





福の島おとなの幕の内を食べてみた感想


さて、とにもかくにも駅弁は味です。オイシイ駅弁を食べると、なんとも言えない幸福感に包まれますからね。ましてや列車の中だと、気分も盛り上がります。・・・東北新幹線の車内で開けて、旅情など無いですけど・苦笑。




見ての通り、幕の内弁当です。おかずの配置の仕方に工夫が凝らされていると思います。それによって、より一層美味しさが伝わってきますよね。こういう小さな工夫が大事です。

福の島おとなの幕の内の中身


福豆屋さんによると、福の島おとなの幕の内のセールスポイントは、おかずのボリューム感だそうです。実際に食べてみて、十分にそれは伝わってきましたね。むしろ白米が少なすぎると感じたくらいですから。

海老の磯部揚げとか、福島牛の牛肉煮なんて、絶品ですからね。幕の内弁当でここまで美味しいおかずが入っているのは、賞賛に値します。静岡駅の幕の内弁当に、爪の垢を煎じて飲ませてやりたい気分ですな・笑。

福の島おとなの幕の内のおかずの数々


福豆屋さんは、郡山駅では名物駅弁と言ってよい、小原庄助べんとうなども手掛けています。それ以外にも気になる駅弁を地道に販売していて、今後、ぜひ食べてみたいと思います。


(2015年11月27日、大宮駅で購入。950円)



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.fukumameya.co.jp/menu/index-2-10-0-page1.html

郡山の駅弁屋さん、福豆屋さんの駅弁一覧ページです。駅弁業者にとって厳しいこのご時世、あえて頑張って駅弁を売ってくださるだけでも感涙もの。ましてや福島。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ