青森駅の駅弁に関しての情報まとめ

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

青森駅の駅弁に関しての情報まとめ・・・場所、営業時間、ラインナップなど

ここでは、青森駅の駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


青い森鉄道の青森駅の駅名板


かつての青森駅は東北本線の「純然たる終着駅」であり、ここに続々と長距離列車が到着しては、北海道に渡る青函連絡船に乗り継いで行きました。その時にはホームのワゴン販売の駅弁も飛ぶように売れて、それは賑やかな駅の光景がそこには存在しました。

しかし、青函トンネルが開通し、東北新幹線が青森を通り越して函館まで開通し、おまけにあれだけ有った寝台列車も全て廃止された今、青森駅はすっかりローカル輸送の拠点駅と化してしまっています。

東北本線は第三セクター鉄道の代わり、上の写真にあるような青い森鉄道の退屈な車両が行ったり来たりする駅になっています。それでも、駅構内では細々とであっても駅弁の販売は続けられており、かなり遠くなりつつある昭和の思い出を探すかのごとく、駅弁の購入をしたいと思います。

青森駅の改札外、ニューデイズ売店の店頭で駅弁の販売が行われている
青森駅で売られている駅弁のラインナップ
青森駅の立ち食い「そば処八甲田」も何気に魅力的





青森駅の改札外、ニューデイズ売店の店頭で駅弁の販売が行われている


青森駅では、改札口内での駅弁の販売はありません。現在は改札口(赤枠の部分)を出て、矢印の方向に駅ビルの中の待合室に向かって歩くと、ニューデイズ青森東口待合店があります。

青森駅の駅弁売り場の位置


このように、店頭に「駅弁」と表示されています。赤枠のところで、駅弁の販売があります。

青森駅で駅弁を売っているニューデイズ青森東口待合店


駅弁の売り場の写真です。野辺地の駅弁を含む青森の駅弁、八戸駅の駅弁、大館駅の鶏めしなどが売られています。複数の業者が入り乱れて、種類としては豊富であり、魅力的ですね。

ニューデイズ青森東口待合店の売り場の駅弁


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
売り場 ニューデイズ青森東口待合店
電話番号 017-731-3235
営業時間 6:00~21:40(年中無休)



青森駅で売られている駅弁のラインナップ


青森駅で売られている駅弁のラインナップとしては、以下の案内表示の通りです。

青森駅の駅弁ラインナップ


下の写真は、午後3時過ぎに青森駅を訪問した際に撮っています。

青森駅の駅弁の写真


そしてこちらは、翌日の午前8時台に撮影。量自体は同じようなものですが、若干品ぞろえが異なっていますね。同じ駅弁売り場も、日時を変えて「定点観測」するのも楽しいものです。

青森駅の駅弁の写真


以下、当サイト管理人が食べた事のある青森駅の駅弁については、リンク先でご紹介します。リンクを貼っていないお弁当は、まだ食べた事の無いものですから、いずれ食してみたいと思います。

信州寺町弁当(デリクックちくま)

とりめし

元々は野辺地駅の駅弁で、調製元が伯養軒になって継続して販売してくれているのがありがたい。素朴だからこそわかる鶏の旨み。

とりめしの詳細へ

帆立釜めし

昭和43年から続く、ロングセラーの駅弁。写真は首都圏向けで、青森駅で売られる分はパッケージと中身が若干異なる。

帆立釜めしの詳細へ

八戸小唄寿司

鯖と鮭を使った、八戸駅を代表するロングセラー駅弁。三味線のバチを模したものでお寿司をカットするのも面白い。

八戸小唄寿司の詳細へ

鶏めし弁当

写真は、小坂鉄道ブルートレインあけぼの限定バージョンの掛け紙の鶏めし。何の文句も付けられない安定の美味さ。大館駅弁。

鶏めし弁当の詳細へ

以下が、まだ食べた事のない駅弁です。これらもそのうち、食べてみたいと思います(^^♪

・青森海鮮ちらし寿司
・焼鯖寿司
・青天の霹靂 米日記
・大人の休日~津軽物語~
・津軽の逆寿司
・うにとウニと雲丹 味くらべ弁当
・伯養軒の牛めし弁当



青森駅の立ち食い「そば処八甲田」も何気に魅力的


同じ駅構内にある、立ち食いそば屋さんの「そば処八甲田」も魅力的ですよね。寒い時期は、つい吸い寄せられるように入っていきたくなります。「八甲田」という名前が良い!

そば処八甲田(青森駅の立ち食いそば)


お品書きです。磯のりそばはユニークですね。ぜひ、食べてみたいな。

そば処八甲田のメニュー


これらの写真を撮影したのは、1月です。このように雪の降る季節でしたので、駅弁よりも駅そばのほうが魅力のある日でした。

青森駅の冬の青い森鉄道


私が乗車したのは、奥羽本線を秋田まで走行する特急つがるです。当方は大人の休日俱楽部パスを保有していましたので、特急に自由に乗り降りできます。こういう列車に乗る時は、駅弁を買って乗り込みたいですね。津軽の大地を眺めながら、駅弁を食べたいところです。

青森駅の特急つがる


参考東北地方における鉄道の見えるホテル一覧
参考ホテルルートイン青森駅前(青森駅のトレインビューホテル)


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ