寝台特急サンライズ瀬戸号、サンライズツイン利用の体験談

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

寝台特急サンライズ瀬戸(2人用B個室サンライズツイン)体験談

現代の走るホテル、「寝台特急サンライズ瀬戸(2人用B寝台個室・サンライズツイン)」に乗車した時の様子です。

高松駅での出発前のサンライズ瀬戸


サンライズ瀬戸号は基本的に、全車両が個室寝台です(カーペーットカーの「ノビノビ座席車両」1両を除く)。

ですので、非常に快適に一夜を過ごすことのできる寝台特急で、僕も愛用しています。ほとんどが1人用個室ですが、1両4室だけ、ツインルームが設けられています。

なおツインルーム(サンライズツイン)は、全室1階になります。ツインの上階はA寝台1人用個室、「シングルデラックス」になっています。(下記が、編成図)

サンライズエクスプレスの編成図


なお、サンライズツインが満室でも、シングルツインを利用すれば、2人用の個室として使う事が出来ます。(通常はシングルだけど、補助ベッドを使うとツインルームになるという、変な言葉の客室ですね・笑)


 


サンライズツインの室内の特徴


近代的な設備で、快適に過ごせるサンライズ号の車内です。

●通路から1階へ階段を下りるのが、サンライズツインサンライズツインへの階段


●中央部のパネルを挟んで、ベッドが2つ並ぶ。
サンライズツインの寝台・窓側

サンライズツインの寝台


●中央部のパネルで、部屋の明かりや放送の音量、空調、目覚まし時計などを調節できます。
サンライズツインのパネル


●サンライズ瀬戸で嬉しいのが、電源が付いている事。携帯やPC作業も出来るのは、本当に便利です。
携帯電話の電源が使える


●ちなみに10号車にはロビーやシャワールームもついています。
サンライズ瀬戸号のロビールーム



サンライズツインからの車窓風景


サンライズツインは1階なので、瀬戸大橋を渡る前後に、高架橋においての眺めが得られない点で、少し残念です。ただし瀬戸大橋そのものは、壁があるわけではありませんので、眺めとしては問題ありません。

あとは陸上部を走行時に、結構地面が近い感じがしました。まあ、起きている時間は短いので、特に不都合はないし、それはそれで面白い眺めでしたね。


サンライズツインの車窓

サンライズツインの車窓


ちなみに通路側の窓からはこのように見えます。ね?高さが全然違うでしょ?(朝の横浜駅)
サンライズツイン車両の通路側の窓からの様子


●終点の東京に到着。
東京駅に到着の写真

寝台特急サンライズ瀬戸号の関連動画

ここでは、寝台特急サンライズ瀬戸の動画を掲載しておきます。雰囲気を、どうぞお楽しみください。

●ほら、サンライズツインはこんな感じで目線が低い・笑。


●ちょっと揺れていて見にくい部分もありますが、寝台車内の様子が分かります。





地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ