石勝線・夕張支線の乗車記録・・・ガラガラの車内に厳しい現実を見た

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

道央道北・乗り鉄の旅(その3):石勝線・夕張支線の乗車記録

主に青春18きっぷを利用した「駅弁」と少し「呑み鉄」、そして時々「撮り鉄」の旅を名古屋からお届けします。

昨年(2016年)11月、JR北海道から「当社単独で維持することが困難な路線」として、13線区が発表されました。半ば予想された展開とは言え、こうなると乗りたくなる浅はかな私。2017年3月、宗谷本線などへの「乗り鉄」の旅に出掛けました。



鹿ノ谷駅の時刻表が物語る夕張支線
夕張市内を歩く
⇒石勝線・夕張支線の乗車記録(←今ここ
札沼線・豊ヶ岡駅を再度訪問してきた
新十津川駅で写真を撮る
滝川駅で写真を撮る
留萌本線・末端区間廃止後の初の乗車
沿岸バスの旅・留萌~羽幌まで
沿岸バスの旅・羽幌~豊富まで
宗谷本線・豊富駅~南稚内まで
バスでノシャップ岬・雄大な利尻富士
稚内駅周辺を徘徊
宗谷本線の車窓・絶景と秘境駅を眺めながら(その1)
宗谷本線の車窓・絶景と秘境駅を眺めながら(その2)
深名線と名寄本線・廃線前の思い出
宗谷本線の名寄から帰宅へ


石勝線の夕張支線の旅の経路図


 


夕張市の中心街を歩いてみる


社光バス停から夕張駅までは約2.2km。寄り道をしつつ歩いたので、夕張駅には15:20頃到着しました。次の列車まで1時間以上あります。暖房はないながらも、一応待合室がありますので、ここで待つことにします。

ホテルマウントレースイと石勝線の夕張駅舎
ホテルマウントレースイの敷地に間借りしたような感じの夕張駅です。ホテルの裏側にはスキー場があります。


夕張市役所横にあった第2次夕張駅時代には、ホテルへのアクセスとして、ここに中間駅で新駅を設置するという構想もあったそうです。しかし勾配等の都合により実現せず、路線を短縮し終着駅という形で、ホテルへの最寄り駅が出来ました。

地元の方にとっては、市役所付近の市街地にあるほうが便利なように感じられ、列車利用でホテルを利用される方がいるのかも疑問です。しかしこのホテル、部屋によっては素晴らしいトレインビューが得られそうで、廃線までに一度は泊まってみたいものです。


もしホテルマウントレースイに列車利用で泊まるなら、16時の列車で到着し、8時の列車で出発でしょうか。ちなみに北海道中央バスの札幌行高速便は、ホテルマウントレースイ玄関前に発着します。


噴火湾ホタテ弁当(南千歳駅の駅弁・まるい弁当)

南千歳駅の駅弁「噴火湾ホタテ弁当」(まるい弁当)
暇なので、誰もいない待合室にて南千歳駅で購入した「噴火湾ホタテ弁当」(㈱まるい弁当・950円)を3時のおやつ(?)でいただきます。すぐ近くに「セイコマ」があるのですが、寒いのでビールはやめておきます。

石勝線・夕張支線のキハ40
16:23、千歳からの列車が到着します。往路と同じ車両が、千歳から折り返してきました。

1面1線の夕張駅
1面1線の夕張駅です。

ホテルマウントレースイは石勝線の見えるトレインビューホテル
折り返し、16:31発の千歳行に乗車します。前述のように、ホテルマウントレースイの向かって右側(西側)の客室はトレインビューが期待できそうです。


キハ40単行の列車は、地元の方と鉄道旅行者を合わせて10名に満たない乗客を乗せて夕張駅を発車。誰もいないボックス席が目立ちます。これなら車内で「ビールと駅弁」にすべきでした。ちなみに夕張から乗車する場合は、進行方向に向かって右側の展望が良いようです。

南清水沢で高校生が5名乗車。3年生の卒業後であり、逆方向の状況はわかりませんが、すでに通学ラッシュという現象は、夕張支線においては消滅してしまったようです。

1892年(明治25年)開業以来歴史を重ねてきた夕張支線は、早ければ2019年3月にも廃止される見込みです。夕張市長から廃線を申し入れるという「攻めの廃線」は、物議を醸しだしているようです。利用状況を鑑みると仕方がないとも思え、有利な条件で引き出す「攻めの廃線」も作戦でありましょう。

しかし、この3月上旬に開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」においては、市内の会場を結ぶシャトルバスが30分毎に運行され、夕方から夜にかけては札幌行の臨時高速バスが何本も運行されました。それに対し、JRは何らかの対応をしたのでしょうか。

これに象徴されるように、改善の余地はありそうですが、その辺りについてはJRはもとより行政等の専門家が熟考しているでしょうから、素人が考えてみても無駄でしょう。

しかし廃線まであと2年だとしたら、これはある意味、集客の大きなチャンスです。「攻めの廃線」を標ぼうするのであれば、札幌、空港から利便性も生かし、夕張線の記憶が残るような、何らかの企画を期待したいところです。

さて、石勝線と合流する新夕張では16分間の停車。駅舎から外へ出てみることにします。

新夕張駅に停車する石勝線のキハ40
新夕張駅では16:54から17:10まで停車します。

石勝線・新夕張駅の窓口
新夕張駅の窓口営業時間は7:25~15:30(日・祝日休み)で、今日は既に終了です。

石勝線・新夕張駅の駅舎の外観
新夕張駅です。夕張線廃止後は、代替バスが発着することになるのでしょうか。小学校、中学校及び高校を経由して、市役所や診療所を結ぶ路線となれば、鉄道より利便性は向上することでしょう。

新夕張からガラガラになった石勝線の各駅停車の車内
新夕張からは更に乗客が減り、私を含めて5名に。新夕張で下車された鉄道旅行者が意外に多く、帯広行の特急列車に乗り換えされたのでしょうか。


17:43着17:54発の追分では多くの乗客があり、ボックス席はすべて埋まります。通勤客や空港へ向かう方等で、久々に「生きている」列車に乗った思いです。次の駅である南千歳に18:22着、多くの方が下車されます。私は終点の千歳まで乗車し、札幌行に乗り換えです。

追分駅に停車する石勝線のキハ40
追分駅で11分間の停車。

千歳駅に到着した、石勝線からのキハ40
18:26、千歳駅に到着。車両は折り返し19:08発の追分行になります。


【乗車記録】

・夕張16:31→千歳18:26 キハ40-1786 1両
・千歳18:37→札幌19:07 クハ721-3101 6両


⇒次:札沼線・豊ヶ岡駅を再度訪問してきた


地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ