ホテルWBF札幌ノースゲート、快適かつトレインビュー

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ホテルWBF札幌ノースゲート・・・札幌有数の超絶トレインビューホテル

ホテルWBF札幌ノースゲートは、札幌駅のすぐ近くの抜群の立地を誇る、快適なビジネスホテルです。下の写真はホテル側の用意したもので、札幌駅前(北口)からホテルを見たところです。

札幌に立地するトレインビューホテルの中では、札幌駅の真上にあるJRタワーホテル日航札幌に次ぐ近さです。大雪の時などは、なかなか重宝する位置です。

ホテルWBF札幌ノースゲートの外観


そしてこのホテルから見る鉄道の眺めは札幌駅周辺のトレインビューホテルとしては随一といってよく、京王プラザホテル札幌と同等か、あるいはそれ以上かもしれません。

(2017年3月18日に現地を調査)


 


ホテルWBF札幌ノースゲートの基本情報


場所 札幌駅北口から徒歩1分ほど。
よく見える鉄道 函館本線、札沼線(札幌に出入りする列車の全て)
価格帯 トレインビューのツインルームのシングルユースで、1人6000円台半ば~13000円くらいまで、季節等により変動。
設備 一通りそろっていて、特に不都合は無し。
注意点 鉄道の見えるのは、ツインルームのみです。シングルルームは線路とは反対側になりますので注意してください。
駐車場 1泊1500円で、先着順で受付。車高幅制限有り。営業時間は5時?24時。
口コミ投稿の確認 楽天トラベル じゃらん るるぶ ヤフートラベル



ホテルWBF札幌ノースゲートの場所


コチラになります。札幌駅間近で、超絶に便利です。1階にローソンが入店しているので、買い物なども便利ですね。




ホテルWBF札幌ノースゲートからのトレインビューや、室内の様子など


今回、ホテルWBF札幌ノースゲートに宿泊したのは、当サイト管理人の友人の、名古屋の撮り鉄氏です。(この日は石勝線の夕張支線の乗り鉄の直後に宿泊しています。)

宿泊の1週間程前に、トレインビュー希望の旨を連絡したところ、線路側はツインルームとのことで、当日、空室であったらとの条件付きながら、追加料金なしで泊めていただけることになりました。結果として線路側のツインルームに、シングルユースで泊まることができました。ホテル側の心温まる対応に感謝感激です。 トレインビューとしては、は高さや角度的に最上級です。

という事で、かなり満足したようです。

下記は、ホテル側が用意した写真です。ちょうど札幌駅に出入りするほとんどすべての列車を非常に良い位置から眺めることができて、素晴らしいと思います。鉄道ファンのみならず、お子様連れのご旅行にも、最適なのではないでしょうか?

ホテルWBF札幌ノースゲートからは札幌駅が見える


以下は、今回このホテルに宿泊した、名古屋の撮り鉄氏が撮影したものです。夜間にチェックインして早朝にチェックアウトしたことから、以下の2枚しかご紹介できる写真はありませんが、もうこんなに素晴らしい鉄道の展望台は他に無いと思わせるに十分です。

撮り鉄氏いわく「動体ブレでお見苦しい写真ですが、函館本線小樽方面発着の列車、札沼線の列車を眺めることが出来ます。最高のトレインビューです。私もこれからはトレインビューホテルに泊まるようにします!しかし、ここから「北斗星」や「はまなす」の入線風景を見たかったです!!」とのこと。

おそらく今後は、JR東日本のクルーズトレインのトランスイート四季島や、さらにかなり先には北海道新幹線も、ここから存分に眺められると思います。

ホテルWBF札幌ノースゲートのトレインビュー


ホテルの用意した写真に、寝台特急カシオペアがしっかりと写っています・笑。これももう廃止になってしまいました。本当に残念です。カシオペアスイートが写っていますね。

ホテルWBF札幌ノースゲートから見た寝台特急カシオペア


こちらは早朝の光景ですね。1時間以上粘っていれば、手稲の車庫から改装されてくる特急型の車両を一通り全て、見ることができます。その様子はここホテルWBF札幌ノースゲートで見ても良いですし、手稲ステーションホテルで眺めるという選択肢もあります。

ホテルWBF札幌ノースゲートのトレインビュー


ホテルWBF札幌ノースゲートが最高のトレインビューだという事については、ネット上でも評判になりつつあります。下記、インスタグラムからの投稿です。こちらも夜間の撮影ですが、実に鉄道がよく見えるホテルだと断言できます。



名古屋の撮り鉄氏が宿泊したのは911号室で、南側=線路側の部屋になります。南側はすべてツインルームですから、1人で宿泊する場合は、通常はシングルユースとなって、宿泊料金が上乗せされます。

ホテルWBF札幌ノースゲートの客室配置図


「部屋自体も非常に快適で、もっと長居をしたかったです。」との事で、撮り鉄氏としては翌日早朝に宿を出発して、1日一往復しかない札沼線に乗りに出かけなくてはなりませんでしたから、やむをえません。

ホテルWBF札幌ノースゲートのツインルーム室内


部屋の様子を見てみると、ちょうど窓のところに椅子が置いてあります。狙った列車が来るのを待ち伏せるのに、椅子があると本当に楽です。また、夜間などはここでお酒も飲めますし、駅弁を食べることもできます。まさに「鉄」のための宿泊施設ですね!

札幌駅弁「北海道旅弁当」(札幌駅立売商会)を部屋で頂く

この911号室で、名古屋の撮り鉄氏は、夕食として駅弁を食べています。鉄道を眺めながら食べる駅弁というのも、また格別です。氏いわく、

「ホテルにチェックインしてしまうと、特に一人旅の時には外に出たくなくなってしまう不精な私。夕食は札幌駅弁「北海道旅弁当」(㈱札幌駅立売商会)です。この掛け紙「北海道路線マップ」では、増毛駅が存在し、北海道新幹線は開業前です。北海道の鉄路はこれからどうなるのでしょうか。」

との事です。この駅弁も、北海道の特急列車の車内販売の中止とともに、今後も引き続き売られるのかどうか、怪しい情勢の駅弁といえます。

札幌駅弁「北海道旅弁当」(札幌駅立売商会)

ホテルWBF札幌ノースゲートの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 るるぶで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 ヤフートラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ




鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ