福島県・磐梯熱海温泉、萩姫の湯 栄楽館の口コミ

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

鉄道の見える温泉ホテル、萩姫の湯 栄楽館(磐梯熱海温泉)に宿泊した口コミ

福島県の郡山と会津若松、そして新潟県の新津まで伸びる路線が、磐越西線です。このたび、磐越西線の観光列車「フルーティアふくしま」に乗車するために、沿線の大きな温泉地である磐梯熱海温泉に参りまして、トレインビュー温泉ホテルの栄楽館に宿泊しました。

栄楽館とはどんなところなのかと思ってネットでチェックしましたが、宿泊予約サイト以外での口コミが全然無かったので、だったら参考になる記事を書いておこうと思って、本ページを作成した次第です。どうぞ参考にして下さいね。

福島県・栄楽館の外観


さて栄楽館は、磐梯熱海駅から徒歩で5分もかからない近さです。こんな近い所に大きな温泉ホテルが有るのは、面白いですね。もっと先まで歩くと(距離が有るので徒歩では行きにくいですが)、渓流沿いの、磐梯熱海温泉の旅館やホテル群があります。

福島県・栄楽館の入口、玄関


上記は栄楽館の玄関です。訪問した日はおそらく閑散期だからだと思いますが、お客さんもまばらで、非常にゆったりと栄楽館を利用することが出来ました。清掃も行き届いており、好感の持てるお宿だなというのが第一印象です。

ここでは栄楽館を利用した感想を、以下のパートに分けて口コミ的に記述しています。ご興味のある部分だけご覧になれば良いと思います。鉄道ファンならばトレインビューのところをご覧ください。

萩姫の湯 栄楽館の部屋の様子
萩姫の湯 栄楽館の食事はこんな感じ
萩姫の湯 栄楽館の温泉に入った
萩姫の湯 栄楽館からの磐越西線のトレインビュー


福島県・栄楽館のロビーにてお茶菓子のおもてなし


チェックインすると、お部屋を案内されるまでの束の間、茶菓子で接待されます。空いている時期の温泉ホテルは、広いスペースを自分たち専用のごとく利用できるので、気持ち良いですね。

(管理人、2016年9月23日に、e512号室に宿泊。)


 


萩姫の湯 栄楽館の基本情報


場所 磐梯熱海駅から徒歩約3分。(地図参照)
よく見える鉄道 磐越西線
価格帯 季節により少し変動するが、1万円くらいからの料金設定。
設備 一通りそろっていて、特に不都合は無し。
注意点 宿泊予約サイト経由の場合は、鉄道の見える部屋と指定して下さい。
予約先 楽天トラベル じゃらん るるぶ ヤフートラベル



萩姫の湯 栄楽館の場所


コチラになります。コンビニは10分くらい歩いたところにあり。場所はフロントにて確認してみて下さい。

萩姫の湯 栄楽館(磐梯熱海温泉)

萩姫の湯 栄楽館の部屋の様子


まず、部屋の様子から見て頂きましょうか。一般的な温泉ホテルの設備であり、全く不都合なく、リラックスして利用できました。




もう少し料金を払って部屋食プランにすると、このテーブルに料理が満載になります。それ用のテーブルも兼ねてますから、かなり広いです。部屋でパソコンを広げて仕事をしたら、広すぎて落ち着かないという・笑。

福島県・栄楽館の客室の大きなテーブル


ところで、この温泉旅館は、全館一括で冷暖房をコントロールしているようです。9月下旬になり、寒くて部屋の温度を上げようと思ったら冷房しか出て来なくて、冷え性の私には堪えました。



萩姫の湯 栄楽館の食事はこんな感じ


栄楽館の食事については、以下のページを別に作って、ご紹介しています。食べたものを全部載せていますので、夕食と朝食バイキングについてチェックしたい人はどうぞ。

福島・萩姫の湯栄楽館の食事(夕食&朝食バイキング)こんな感じ



萩姫の湯 栄楽館の温泉に入った


恥ずかしい写真を、2枚掲載します。今回は1人14000円の通常プランに加えて、1回利用で2000円の追加料金となる、家族風呂「滝見ノ湯」を加えて、温泉を楽しみました。

通常の大浴場にカメラを持ち込む事は出来ないので・笑、それは宿泊予約サイトで確認していただいて、こちらは滝見ノ湯の写真になりますので、そのおつもりで。

滝見ノ湯には、1枚目の写真の外風呂と、2枚目の写真の内風呂が有って、どちらも温泉を堪能出来て、素晴らしかったです。外風呂は当然のことながら外気温なので、寒いです。特に冬はかなり冷えると思いますから、内風呂で十分に温まってから利用しましょう。

下の写真の左側に、水しぶきが見えます。これが滝を模してまして、滝の轟音を聞きながらの入浴になります。よく考えたなと感心しながらお湯につかりました。

福島県・栄楽館の滝見ノ湯の外風呂


最初、お湯につかった時は、「非常にぬるい!」と思いましたが、我慢して浸かっていると適温になりますので、じっとお湯に入っていてくださいね。ぬるいからと言ってすぐに出てしまうと、とてももったいない事になります。

内風呂は、家族で使うには十分すぎる広さです。泳ぎたくなります。これぞ温泉だよなと思いながら、完全に体を伸ばして、まさに極楽気分を味わいました。これ以上の贅沢は無い感じでした。内風呂、外風呂ともに完璧に清掃も行き届いており、大変気持ちよく利用できました。

福島県・栄楽館の滝見ノ湯の内風呂


大きな温泉旅館に泊まると、食事は正直言って可も無く不可も無い状態になりますが、温泉そのものは、十二分に満足できるのが嬉しいですよね。磐梯熱海温泉の栄楽館も、温泉の気持ちよさは格別でした。来て良かったと大満足でしたね。



萩姫の湯 栄楽館からの磐越西線のトレインビュー


最後に、鉄道ファン向けのコンテンツを。栄楽館のすぐ隣に磐越西線の線路が伸びており、栄楽館の線路側の部屋からトレインビューを楽しめます。

管理人はそれを知っていて、ホテル側に電話をして、必ず線路側の部屋にして頂くようにお願いをいたしました。ホテルのスタッフも快く応じて下さって、大変感謝しております。

下記は、磐梯熱海駅から見た栄楽館です。磐越西線の線路が、ホテルのすぐ目の前を通過しているのが分かると思います。当方が宿泊したのは、赤く丸を付けた部屋です。

福島県・栄楽館の脇を通る磐越西線


部屋決めるにあたっては、あらかじめグーグルストリートビューを使ってあれこれ悩んで、5階にしてもらいました。それが今回はバッチリ決まりました。下記2つ、栄楽館の部屋から見たトレインビュー動画をお楽しみください。






おそらく4階以下の部屋に泊まると、かなり見にくくなると思います。かと言って高すぎる階でも、電車を見下ろしすぎるので問題なので、今後栄楽館に泊まって、ついでにトレインビューも楽しみたい鉄道ファンの人は、5階に泊まりましょう。

今回泊まったe512号室を指定すると、良いかもしれませんね。(ただし繁忙期などは希望が通らないかもしれませんので、ホテル側と意思疎通してくださいね!)

なお、朝食バイキング会場からも、下の写真のように磐越西線を望むことが出来ます。食事しながらのトレインビューとは贅沢ですね(^^♪ もっとも磐越西線ですから、食事している時に1回程度、通過してゆくだけですけどね。

福島県・栄楽館の食事会場から見た磐越西線


食事会場にて、ちょうどフルーティアふくしま連結の郡山駅行きの電車が通過していきました。折り返しのこの車両に乗る予定なので、テンションが高まりました。




以上、福島県の萩姫の湯 栄楽館のレビューでした。それにしても、かなりゆったりとくつろぐことが出来ました。駅に近いから負担も非常に軽くて、個人的にはけっこうオススメな感じです。

萩姫の湯 栄楽館の予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで詳細確認&予約はコチラ

 じゃらんで詳細確認&予約はコチラ

 るるぶで詳細確認&予約はコチラ

 ヤフートラベルで詳細確認&予約はコチラ




地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ