あおもりホッキ弁当(八戸駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

あおもりホッキ弁当(八戸駅)・・・全国のホッキ貝の駅弁の中では最上位クラス

八戸駅の駅弁で、ダントツに美味いといったら、三咲羽や(みさわや)さんの駅弁です。読みにくいですが、青森県三沢市に会社があるので、三咲羽や(みさわや)と言っています。

私は三咲羽やの駅弁の美味さは全国でもトップクラスの出来だと思っており、当サイトでも少しでもその素晴らしさを知っていただきたいと思って、八戸前沖鯖押し寿し三種肉にぎり三種盛青森のぜいたく弁当などの、三咲羽やの絶品駅弁をご紹介してきました。

そして今回、友人と八戸線のキハ40が引退、乗り納めの旅をしようという事になり、八戸駅にやってきました。

八戸駅の駅弁売り場を除くと、いつものように色々とお弁当が並んでいる中で今回購入したのが、三咲羽やのあおもりホッキ弁当と、同じく八戸の吉田屋さんの三陸産やわらか穴子めしです。

あおもりホッキ弁当


今回は、ホテルメッツ八戸に宿泊して、ホテルの部屋から鉄道を眺めながら食べています。鉄道の見えるホテルで列車を見物しながら駅弁を食べる・・・・新しい旅のスタイルです・笑。

あおもりホッキ弁当


果たしてどんな駅弁なのかと期待を胸に開封してみると、このような内容になっていました。十文字に仕切って、3つを北寄貝のお料理に、残り1つを煮物に充てています。

あおもりホッキ弁当


ホッキの駅弁としては、 母恋駅駅や室蘭駅の母恋めしをすぐに思い起こしますし、札幌駅の活ホタテホッキバター焼き弁当南千歳駅のほっきめしなどが思い浮かびます。いずれも北日本の貴重な味覚となり、大変旅情も感じます。今回の駅弁も、超楽しみに賞味する事になりました。


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 駅弁屋八戸コンコース売店(新幹線改札内の売店です)
購入日時 2018年2月16日、午後3時すぎに購入。
価格 1100円(税込み)
ラベル表示
あおもりホッキ弁当のラベル表示

製造 有限会社三咲羽や
青森県三沢市中央町4-3-11
0176-57-3481
https://www.misawaya-aomori.com/%E3%82%AA%E3%83%AA%
E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%95%86%E5%93%81/


 


ホッキ貝の駅弁として、日本一美味しい駅弁だと思う


まずは、動画であおもりホッキ弁当の雰囲気を。




ホームページを見ると、あおもりホッキ弁当の紹介が、以下のように記載されていました。掛け紙を見ても、「三沢産のホッキは肉厚で旨みが強いのが特徴。ホッキは北の海でしか獲ることができない商品です。」と書かれており、地のものを味わえる喜びが湧いてきます。

あおもりホッキ弁当


ではまず、鮮やかなピンク色をした、ホッキのソテーから。私が住んでいる関東では、まずホッキは見掛けない貝なので、目で見ても楽しめます。

そしてこれが、最高に美味かった。ホッキ貝特有の香りに満ちた味わいが、たっぷりと使用されたバターで引き立って、これはもう絶品の領域です。駅弁でここまでのホッキの味を楽しめるとは、実に贅沢な旅行になります

あおもりホッキ弁当のホッキ貝のソテー


そして、ホッキのソテーの下には、北寄貝の出汁で作られた、ホッキの炊き込みご飯です。これがまた薄味に仕上がっており、ホッキの味がほんのりと、しかし力強く感じます。ホッキのソテーと一緒に食べると、口の中はホッキの味わい以外は他に無いと言った雰囲気になります。凄すぎる。

ホッキの炊き込みご飯(あおもりホッキ弁当)


続いて、ホッキのフライです。これも関東では全く食べない料理です。ホッキの濃厚な味わいが、フライとしても十分に生かされていました。ソースを付けて食べても良いですし、なにも付けなくても噛めば噛むほどホッキの味が出てきますので、どちらでもお好みで。

ホッキのフライ(あおもりホッキ弁当)


こちらは、白ごはんの上に乗ったホッキ味噌です。湯がいたホッキを味噌と長ネギで叩いていますね。味噌によってよりホッキの味覚がより濃く感じられ、ご飯がどんどんと進んでしまいます。もちろんお酒との相性も抜群すぎており、実に不健康な料理ですね・笑!

ホッキ味噌(あおもりホッキ弁当)


ホッキ以外は、煮物があるのみです。煮物を食べながら、ホッキの炊き込みご飯を食べるのも、とてもよく合っていました。煮物自体も普通に美味しいのですが、ホッキがあまりにも美味しすぎて、煮物には全く興味が持てないという、実に困った駅弁になっています。




この駅弁、ホッキを食べさせる駅弁の中では、最高峰だと思います(ホッキ駅弁は数種類しかありませんが)。わざわざ「最高峰」という言葉を使いたくなるほどのものだ、という事ですね。

三咲羽やさんは、全国の駅弁調製業者の中でも、私はトップテンに入るほどのクオリティの高い業者だと思っています。その三咲羽やさんの他の駅弁も、ぜひ残り3つを購入してコンプリートしたいと思っております。

さかさ寿し桜鱒(3000円)、三八弁当(1100円)、山カツどん(1250円)をまだ食べておらず、何とか早いうちにそれらを食して、幸福な気分になりたいなと思います(^^♪



八戸市の鉄道の見えるホテル一覧


八戸駅や本八戸駅の周辺には、いくつものトレインビューホテルが存在します。東北新幹線、八戸線、いわて銀河鉄道、青い森鉄道、大湊線などなどに至る鉄道の要衝のような場所だからでしょうか。

また、八戸線には、最近人気のレストラン列車が運行されています。八戸線の観光列車・東北エモーションのランチ料理を堪能のページも、あわせてご覧ください。

宿泊施設 見える路線 特 徴
ホテルメッツ八戸 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より直結。
コンフォートホテル八戸 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より徒歩2分。安いし朝食無料。
ユートリー・八戸地域地場産業振興センター 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より直結。
八戸プラザホテル(本八戸) 八戸線 本八戸駅より徒歩7分。
ホテルルートイン本八戸駅前 八戸線 本八戸駅目の前。
セレクトイン本八戸駅前 八戸線 本八戸駅目の前。


ところで、今回の八戸旅行では、八戸線の新型気動車、キハE130の姿を初めて見ました。

八戸駅に停車中のキハE130系気動車


今までの国鉄型の古い気動車、キハ40系に乗って、ボックスシートに腰かけて駅弁などを食べるのも大変な魅力ではありましたが、今後はあおもりホッキ弁当のような新しくて美味しい駅弁を買って、新型気動車に乗車してそれを食べるというのも、なかなか乙かもしれませんね。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ