いわて黒豚とんかつ弁当(秋田駅)を食べた時の記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

いわて黒豚とんかつ弁当(秋田駅)・・・ブランド豚を使った美味しいヒレカツ弁当

2018年1月半ば、トレインビューのホテルメッツ横浜鶴見に宿泊した際に、東京駅で購入した2つの秋田駅弁を食べてみました。関根屋さんの作る秋田駅の駅弁には普段から手厳しい意見をするのですが、今回買ったいわて黒豚とんかつ弁当あきたこまちの紅鮭幕の内は美味しかった!

秋田駅なのに「いわて」なのが不思議ですが、秋田新幹線を使えば1本で往来できるという事で、なるほど北東北地方の駅弁という事なのですね。岩手県の龍泉洞黒豚というブランドポークを使い、ご飯はもちろんあきたこまちという、まさしく地産地消の駅弁です。

いわて黒豚とんかつ弁当


いわて黒豚とんかつ弁当を開封してみたところは、以下の動画でご覧になれます。次の項では写真でもご紹介します。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 東京駅の駅弁屋祭にて購入。
購入日時 2018年1月19日、午後9時前に購入。
価格 1000円(税込み)
ラベル
表示

いわて黒豚とんかつ弁当のラベル表示

製造 株式会社関根屋
秋田県秋田市東通1丁目1番26号
018-833-6461
http://www.sekineya.jp/ekiben-all.html


 


トンカツも美味しいしあきたこまちの白ご飯も美味しかったです


箱を開けてみると、このような駅弁です。メインの黒豚のヒレカツがドンと入っていますね。トンカツ以外には厚焼き玉子、ポテトフライ、ひじきの煮物が添えられています。

いわて黒豚とんかつ弁当


ヒレカツは、4切れにカットされているので、食べやすいですね。濃厚なソースとからしを付けて食べるのも良いですし、あらかじめ若干のソースが付けられていますので、さっぱりした口当たりが好みの人は、このまま頂くと良いでしょう。

いわて黒豚とんかつ弁当


でもやはり、トンカツはこういう風にして食べると、幸せ~~な感じになりますよね(^^♪ 関根屋さんの駅弁によくありがちな、「メイン食材が貧相」という欠点が無く、ヒレカツもくどくないですし普通に美味しく食べる事が出来ました。

いわて黒豚とんかつ弁当


いつもは「水分が多すぎる」と文句をつけることの多いあきたこまちの白飯も、今回は丁度良い塩梅でみずみずしい状態であり、久しぶりに「あきたこまち美味しいな~」と感じながら食べ切る事が出来ました。水分量の多い米だからか、白さに透明感があると思いました。

いわて黒豚とんかつ弁当の白ご飯


今回東京駅でこのお弁当を買ったのは、夜の9時近くになってからです。ちょうど秋田の駅弁2種類が店頭に並べられているタイミングであり、その他に特に食べたい駅弁が無かったことから、どちらかというと仕方なく買ったような状況でした。

しかし、食べてみると2つとも美味しくて、今回は「当たり」でした。これに気を良くして、今後はもうちょっと、秋田の関根屋さんの駅弁を食べてみようかと思った次第です。今後も頼みますよ!関根屋さん!期待しているんだから!


 

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ