特製お好み弁当(静岡駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

特製お好み弁当(静岡駅)・・・おかずも豊富で満足できる幕の内弁当

2017年12月に静岡県を旅行した際に、静岡駅の東海軒の幕の内系の駅弁を2つ食べており、本ページでご紹介する特製お好み弁当と、他に大御所弁当を購入しております。

駅弁売り場で色々と思い悩みながら購入した時に、最も駅弁らしからぬ雰囲気を持っていたのが特製お好み弁当で、このような外観です。会議などの際の、昼食時に食べるような雰囲気です。

800円の幕の内弁当に対して900円というお値段であり、やや「お兄さん」的な駅弁ですが、果たしてどうだったでしょうか。本ページにて感想を書いておきます。

静岡駅の特製お好み弁当


なお今回は静岡駅で購入して、大井川鉄道の沿線の川根温泉ホテルの部屋で、特製お好み弁当を食べています。大井川鉄道ラベルのワンカップで一杯やりながらの駅弁賞味です。

大井川鉄道のラベルのワンカップ日本酒


で、静岡駅の幕の内弁当などは特に感心するほどのものではないので、そんなに期待もせずに食べてみたところ、・・・案外良かったのです。動画にて、中身のチェックをどうぞ。




購入データ
購入場所 静岡駅構内、中央コンコースの南口の東海軒直営店にて購入。
購入日時 2017年12月15日、午後2時前に購入。
価格 900円(税込み)
ラベル表示
静岡駅の特製お好み弁当のラベル表示

製造・販売 株式会社東海軒
静岡市駿河区登呂6-5-35
054-287-5171
http://www.tokaiken.jp/
(ホームページには全く駅弁情報の掲載が有りません。実に不便なので、急ぎ、修正して頂きたいと強く思います。)


 


900円でこの中身ならば、じゅうぶん美味しく頂けると思う


そして、900円というお値段を考えながらもう一度眺めてみると、なかなか良心的な駅弁なのではないかと思いますね。小分けにされたおかずが、たくさん入っています。

静岡駅の特製お好み弁当


お品書き
・あさりご飯
・煮物
・カニ蒲鉾の天ぷら
・湯葉ヒロウス煮
・玉子焼き
・焼き鯖
・海老天
・鶏の唐揚げ
・いんげんの胡麻和え
・グリーンリーフ
・漬物
・大福


海老天とカニ蒲鉾の天ぷらです。グリーンリーフを添えて。東海軒さんは何気に、グリーンリーフの使い方が上手です。網焼き手焼国産牛肉弁当などはなかなか見事ですよ。カニ蒲鉾の天ぷらは、蒲鉾ですけども、お値段からしたらこれで十分です。




煮物や焼き鯖など。いかにも幕の内弁当といった風情です。




いんげんの胡麻和え、玉子焼き、鶏の唐揚げなどです。胡麻和えのような野菜料理が入っているのが嬉しいですね。遠くに、大福が2つ。デザート付きという点も、評価が高いです。意外な事に、静岡駅の駅弁なのにわさび漬けが入っていませんでした。が、別にそれはそれで良いです。




ご飯はその時々によって、違うものが入れられるみたいです。今回はあさりの炊き込みご飯でした。あさりの出汁が効いていて、醤油の味わいも美味しいご飯です。濃すぎないので、おかずとよく合って、美味しく頂けました。




大井川鉄道の売店で、こんなお茶も買っておきました。静岡の駅弁に大井川沿線のお茶。良い組み合わせです。当然静岡茶かと思ったら、製造は群馬県でした・苦笑。

大井川鉄道のトーマスのお茶


ところで、お好み弁当とはどこかで聞いた名前だなと思ったら、ちょうど今年、今治駅のお好み弁当を食べていたのでした。あちらのお好み弁当のレベルは相当に高いので、リンク先も見て頂ければと。全国各地の駅弁を、あーだこーだ言いながら食べるのは、実に幸福な事なのであります。



鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ