青森県産ホタテづくし弁当ホタテだべ~(弘前駅・新青森駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」(弘前駅・新青森駅)

弘前駅・新青森駅の駅弁業者のつがる惣菜さんの有名な駅弁と言えば、東京駅の駅弁屋祭の店舗でも夕方以降に売られることのあるひとくちだらけが有名です。私も食べましたが、絶品ですね。

そしてそのつがる惣菜さんのもう1つの駅弁である、青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」が売られているのを発見しましたので、見た瞬間に即買いしました。やはり東京で見かけて、最後の1つでしたから、有無を言わさず購入です。

ホタテだべ~」というズウズウ弁が青森らしくて、とてもユニークなネーミングです。掛け紙には帆立貝がドーンと描かれており、旅人のハートをつかむ外観ですね。

青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」の外観と掛け紙


青森県産ホタテづくし弁当ホタテだべ~を開封したところは動画にも撮ってありますので、以下をご覧ください。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 東京駅の駅弁屋祭にて購入。
購入日時 2017年11月9日、午後8時半過ぎに購入。
価格 1200円。
ラベル
表示

青森県産ホタテづくし弁当ホタテだべ~のラベル表示

製造 つがる惣菜・下川原伸彦
青森県五所川原市字一ツ谷540-11
0173-35-4820
http://www.hirajimu.jp/tsugarusouzai/ekiben.html


 


思ったよりも地味ながらも、手作り感が溢れて好感が持てる駅弁


さて、期待感と共に開封したところが、以下の写真です。なるほど、帆立貝が色々と入っている帆立づくし弁当です。ちょっと、色彩的には地味な感じですね・苦笑。できれば大ぶりな帆立が1つくらいあれば良いと思いました。ベビーホタテ程度の大きさのものばかりになっています。

青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」

お品書き
・白飯
・ちらし寿司
・ホタテの唐揚げ
・いかメンチ
・ホタテ酢
・煮物(帆立、高野豆腐、ピリ辛蒟蒻、ごぼう、人参)
・帆立貝の味噌焼き
・帆立フライ
・カボチャ餅


細かく見ていきます。帆立貝の唐揚げです。タレが白ごはんに絡んで、とても美味しいです。小さなホタテですが、一口で食べられるのが気軽で良いのかもしれません。

帆立貝の唐揚げ


こちらは帆立のちらし寿司です。ちらし寿司の具が帆立貝(ホタテ酢)というのは、かなり珍しいと思います。今まで、食べた記憶がありません。こちらも美味しく頂きました。

帆立散ららし寿司


卵でとじてあるのは、帆立貝の味噌焼きです。これ、アツアツだったらかなりの味だと思いましたが、あいにく冷えています。汁気があるものが冷たいと、冷たさがより強調された感覚になるので、美味しいのですが損をしている料理だなあと思いながら食べました。帆立は、小さいのが1つ入っていて、苦労してホタテの料理を揃えてきた感じです。

箸で持ち上げているのはカボチャ餅で、これは甘くてデザート的なものですね。

帆立の味噌焼き


いかメンチ(右)に、帆立のフライ(左)です。いかメンチは、だいぶ甘い味に仕上がったかき揚げですね。北海道の駅弁を食べているかのような甘さを感じます。イカとホタテの貝ひもで出来ていますから、お酒が恋しくなります。

帆立のフライやかき揚げ


煮物です。煮物のホタテも美味しいですが、煮物自体の味付けが田舎の料理と言う感じがして、これはこれで好ましいです。青森のおばちゃんの手料理、という感じがしてきます。

青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」の煮物など


という事で、全体的にはかなり地味な感じがする駅弁です。やはり、帆立貝がどれも全て小さなサイズなのがそう思わせるようで、同じ青森の帆立釜めしのほうが、個人的には好みです。

でも、この青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」も十分に意欲作であり、評価できると思います。つがる惣菜さんならば、もっと上を目指せるはずだ、という個人的な思いが強いのかもしれません。

東北地方の某大手の駅弁業者さんとは違って、青森県産ホタテづくし弁当「青森やっぱり!ホタテだべ~」の味が「手作りの良さ」で溢れているのも、好ましい点だといえます。

帆立好きの人がいらっしゃったら、東北や北海道当たりのホタテの駅弁を色々と比べてみるのも面白いと思いますね。うん、北日本は帆立が美味いのであります。



弘前駅の周辺にある、トレインビューホテルはこちら


つがる惣菜さんの駅弁がメインで売られている弘前駅の近くには、次の二軒のトレインビューホテルがあります。魅力的な駅弁を、東北の列車を眺めながら食べるのも良いでしょう。

東横イン弘前駅前 奥羽本線 弘前駅前。
弘前プリンスホテル 奥羽本線 弘前駅より徒歩5分、安いがボロい。


鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ