サンドイッチ(静岡駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

サンドイッチ(静岡駅)・・・極めて素朴で、意外に良心的な素晴らしいサンドイッチ

青春18きっぷを使って、東京から下関を目指して各駅停車の旅をしていた最中に、静岡駅での乗り換え時間を利用して購入したのが、この「サンドイッチ」です。ネーミングも完全に「そのまま」ですし、得も言われぬレトロな外観も、最高ですね。

参考静岡駅の東海軒のカツサンドについてはコチラのページでご紹介しています

サンドイッチ(静岡駅)の外観と外箱


そしてこの外観は、どこかで見たことがあるなと思ったら、まさにフランス国旗です。駅弁を通じて、世界に博愛主義を広めようとしている東海軒なのであります(^^♪




サンドイッチの中身は、以下のようになっています。動画バージョンですので、お時間の無い方や、雰囲気を知りたい方は、下記をご覧ください。




購入データ
購入場所 静岡駅構内、中央コンコースの南口の東海軒直営店にて購入。
購入日時 2017年8月28日、午前11時半ごろに購入。
価格 320円(税込み)・・・凄い。。。こんな安さは半端ないです。
ラベル表示
サンドイッチ(静岡駅)のラベル表示

製造・販売 株式会社東海軒
静岡市駿河区登呂6-5-35
054-287-5171
http://www.tokaiken.jp/


 


とても自然な風味で、安心して頂くことができました


フランス国旗のような東海軒のサンドイッチを開封してみると、こんな中身になっています。320円という安さからすると、極めてチープないい加減なサンドイッチを想像していたことを、謝罪したくなるようなきちんとしたサンドイッチでした。

サンドイッチ(静岡駅)の中身


まず、卵がしっかりと入っている、たまごサンドから。手に持った感触はふわふわであり、口当たりも良好です。食べると、卵のボリューム感を感じます。変に味付けをしていないので、パンと卵の純粋な味わいを感じることができて、大変好ましい出来上がりとなっていました。

サンドイッチ(静岡駅)のたまごサンド


次、ハムサンドです。ハムは、ごく普通のものと思われました。大船軒サンドウィッチのように、ハムに大きな特徴があると良いのですが、それは難しい事ですから、仕方ありません。

サンドイッチ(静岡駅)のハムサンド


しかし、パンをめくってみると、マーガリンの量が半端ないです。どうりでハムサンドなのに、家庭で食べるのとはひと味違う訳です。本当はバターだったら最高なのですが、今のご時世、それは贅沢というものです。320円で食べることができるのが、とにかく凄い事なのです。

ハムサンドの中身はマーガリンがたっぷり


実は今回、購入翌日の朝に、トレインビューホテルのエバーホテルはりま加古川にて、新幹線を見ながら、賞味期限切れになりなったサンドイッチを食べたのでした。(もちろん東海軒さんのせいではなくて、私の意志で、購入翌日に食べています)

・・・それにしては美味しすぎたのが、本当に謎です。余計な添加物がほぼ入っていないので、ちゃんと冷蔵庫で保管しておけば美味しく頂けるのだと再認識した次第です。東海軒さんのサンドイッチ駅弁は他にもあるので、次回はそれを食べたいと思います。



静岡駅周辺の鉄道の見えるホテル


静岡駅の周辺には、いくつかの鉄道の見えるホテルが有ります。東海地方における鉄道の見えるホテルのページをご覧ください。



鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ