アンパンマン弁当(高松駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

アンパンマン弁当(高松駅)・・・可愛くて胸がキュンとなるお子様ランチ

かねてからず~~っと購入してみたかった、JR四国のアンパンマン弁当。まさか地元の埼玉県の大宮駅で売られるとは、全く想像していませんでした。たまたま大宮駅に寄ったので、駅弁屋を覗いてこれを見つけて、即買いしちゃいました(^^♪ 手提げ袋の駅弁と言うのも、珍しいですね。

アンパンマン弁当の手提げ袋の外観


上から見てみると、こんな感じでアンパンマンの顔が見えて、超可愛いです。これはもう、たまりません。見たからには、絶対に買わないとならないという気持ちになります。

アンパンマン弁当の外観


袋から取り出して見ると、こんな感じ。チビッ子たちが見たら、「この駅弁を買って!」とおねだりされる事、間違いありません。JR四国も、罪作りな駅弁をプロデュースしたものです。

アンパンマン弁当の水筒とお弁当容器


このアンパンマン弁当、動画にも撮っておきましたので、下記、ご参考まで。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 大宮駅の駅弁屋旨囲門にて購入。
購入日時 2017年8月13日、17時半くらいに購入。
価格 1200円(税込み)
ラベル表示
アンパンマン弁当のラベル表示

製造は、どこなんでしょうね。会社名の末尾にSMTと書いてありますし、どこかに作らせていますよね。高知駅でも販売されるので、高知の安藤商店さんか? 或いは岡山のみよしのさん? それにしてもまあ、子供向け駅弁にここまでの添加物が入っているというのも、どうなんでしょうかね・笑。

販売 株式会社ステーションクリエイト東四国
香川県高松市浜ノ町8-24
087-851-7710
http://www.jr-eki.com/aptrain/event/food/index.html


 


容器をすべて再利用できるのが特徴、お子様は喜ぶに違いない


大人げなくも買ってしまったアンパンマン弁当、実に可愛さMAXの駅弁でした。特急南風号のアンパンマン車両が描かれているのが、鉄道ファン的にもGOODです。

意外な事に、アンパンマンの姿をした部分は、水筒でした。購入時には空の水筒になっていて、次回以降に使ってくださいというものでした。

そして「本体」部分の蓋を開けると、どこからどう見ても「お子様ランチ」が出現します。思った通りの駅弁です。具も、ウインナー、海老フライ、鶏の唐揚げ、玉子焼き、枝豆、ゼリーです。お子ちゃま向け。

アンパンマン弁当


ご飯は、アンパンマンの顔を模した味飯です。ソースとケチャップで描かれたアンパンマンの顔が、実にシュールな事になっています・笑。でも、こういうの、好きです。

アンパンマン弁当の味飯は、アンパンマンの顔


おかずの部分です。先ほど書いた通りです。お子様ランチといっても、子供向けに特別に製造されたおかずではないので、大人も普通に食べられます。

可愛らしさを強調するために、お弁当のバランが2枚入っていて、いずれもアンパンマンのバランです。おかずの後ろと、味飯の後ろに、各1枚ずつです。

アンパンマン弁当のおかず


醤油さしも、入っていました。これもアンパンマンで、とても可愛いです。水筒と同じく、中には何も入っていませんでした。今後ご家庭で使ってください、という事ですね。

アンパンマン弁当の醤油さし


アンパンマン弁当はこれ以外にももう1種類あるので、四国訪問の際に見かけたら、それを買いたいと思います。・・・となると、食べ終わった後にアンパンマンの可愛い容器を自宅まで持ち帰らなくてはならない訳か・苦笑。・・・可愛いから許します(^◇^)


参考四国の鉄道の見えるホテル一覧


地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ