品川貝づくしを食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

品川貝づくし(JR東海)・・・貝がギッシリで、想像した以上の出来栄え

品川駅で東海道新幹線弁当と共に購入したのが、「品川貝づくし」です。品川名物と記されている通り、ここ品川駅と、あとは東京駅の新幹線改札内でしか売られていません。意味も無く新幹線改札内に行く訳には参りませんので、立ち寄ったからには駅弁を買います。

品川ご当地弁当と言えば、品川駅在来線のほうで売られている品川弁当を思い起こします。幕の内風の品川弁当と違って、この駅弁は貝に特化しているので、美味しそうな感じが抜群です。

品川貝づくし

品川貝づくしの外観


実際に外箱を開けてみた写真がこちら。どうでしょうか?貝4種類がびっしりです。見た目は案外地味だなと思いましたが、何せ貝が主役なので仕方ありません。しかし、シジミ、あさり、ハマグリ、ホタテがびっしりです。これは想像よりも贅沢と言うものではないでしょうか?

品川貝づくしの中身


今回、この貝づくしはリニューアルしたとの事で、リニューアル後に、帆立貝が追加された模様です。北海道出身の妻と、「品川で帆立貝って採れるのかな??」と会話しながら、車内で楽しみました。なかなか良質の駅弁だと思いますので、魚介類好きの方は、ぜひ一度お試しあれ!

品川貝づくしの貝の写真


(2015年6月9日、品川駅で購入。960円)


 


品川駅の、鉄道の見えるホテル一覧です


今回管理人が品川貝づくしを購入した、品川駅周辺の、鉄道の見えるホテル一覧です。

品川プリンスホテル(メインタワー) 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。下段、イーストタワーよりも高さがある分見やすい。
品川プリンスホテル(イーストタワー) 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。
京急EXイン品川駅前 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。意外と見にくい感じがします。
東横イン品川駅高輪口 山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線
東海道新幹線はやや遠い
品川駅(高輪口)より徒歩2分。JR・京急品川駅に出入りする全ての列車を見る事が出来る。朝食無料。
御殿山ガーデンホテルラフォーレ東京 東海道新幹線、山手線、京浜東北線、東海道本線、遠くに京急線 駅からやや遠いのが難点。シティホテル。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 東海道新幹線、山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、京急線 品川駅(港南口、中央口)から直結。ホテル専用エレベーターからフロントに移動。エレベーター入口が分かりにくい。



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

https://www.jr-cp.co.jp/products/list/?area=2
(JR東海パッセンジャーズさんの駅弁一覧ページになります)

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ