浅草牛すき焼き弁当(東武線北千住駅・浅草駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

浅草牛すき焼き弁当(東武線北千住駅・浅草駅)・・・関東風の牛肉を味わえる

トレインビューホテルの部屋で駅弁を食べながら鉄道を眺めるシリーズ、今回は南千住駅前のビジネスホテルサンパレスに宿泊したので、駅弁もすぐ隣の北千住駅で購入しました。

北千住は駅弁の販売はありませんが、東武北千住駅は特急が頻繁に発車するので、特急電車の発車ホームの入口辺りに駅弁売り場が有って、穴場的存在です。

この度は、東京らしい駅弁、浅草牛すき焼き弁当を買いました。(同時に、超絶品の焼き鳥丼も買っています。) 牛のすき焼き駅弁では日本レストランエンタープライズ製造の牛肉弁当があって、あちらは少々残念な結果になりましたので、さて今回はどうなりますか。

浅草牛すき焼き弁当の外観と掛け紙


外観的には、特に問題は無さそうです。ちょっとしたお土産にもなりそうな包装ですよね。駅弁らしくないというか。


 


台湾排骨弁当は想像よりもはるかに美味しくて驚き


鉄道の見えるホテルで駅弁を食べるというのがどういう事なのかが分かる動画を、まずはご覧ください。EF65電気機関車牽引の貨物列車が、隅田川貨物駅を推進運転するところを見ながら、この牛すき焼き弁当を開封したのですから!




改めて写真で見ると、こんな感じです。関東の料理は醤油をたっぷりと使うのがポイントです。しかし下手をするとしょっぱいだけだったり、タレでギトギトになってしまいかねないので、料理人の腕前がハッキリ分かります。

一目見た感想としては、これはただの塩辛い味でしかないのかと思いました。色合い的に、いかにも関東風のすき焼きの見た目ですものね。でもよく観察すると、玉葱の配置にこだわりを感じます。しらたきの分量もほどよくて、あくまで牛肉が主役なのを忘れていません。

浅草牛すき焼き弁当の中身


牛肉のどアップ写真。恐る恐る食べてみると、・・・美味しかったです! 「なんだ、普通に美味しいじゃん!!」と心の中でつぶやき、タレの染み込んだご飯と一緒に、ガッツリと食べさせてもらいましたよ。関東風なので多少、味付けが濃いとは思いましたが、それが関東のすき焼きの味でもあるので、これはこれでOKだと思います。

浅草牛すき焼き弁当の牛肉と玉葱


この写真。ほら、やっぱり味が濃そうでしょ? 味は濃いんだけど、牛肉の旨みもしっかりと残っていました。肉の厚みは、すき焼きはもともと薄いものなので、まあこんなもんでしょうかね。吉野家の牛丼の牛肉の厚みと同程度です。

浅草牛すき焼き弁当の牛肉


こちらは副菜部分。先に記したとおり、しらたきがしっかりとわき役に徹しているのは感心します。しかもこのしらたき、牛の旨みをたっぷりと吸い取っていて、これだけでご飯が進みます。

厚焼き玉子は割合淡白な味わいで、濃厚な牛肉に対して非常にバランスが取れています。ユニークなのは生麩が入っている事(右側のやつ)。胡麻入りで、とってもモチモチしていて、食感を楽しめます。生麩入りの駅弁は経験が無いし、面白いなと思いました。

浅草牛すき焼き弁当の玉子焼き、生麩


最後にもう一度、全体写真を。改めて見ても、すき焼きの弁当として高いレベルで合格点を出せると思います。東京に来た思い出に、特に東武鉄道で旅をするのであれば、ぜひ堪能してみて下さい。

浅草牛すき焼き弁当


なお、販売は東武商事ですが、製造は宇豆基野(うずきの)さんが行っています。このお店の駅弁は全て美味しいです。なつかしの18品目弁当なども、東京の駅弁とは思えないクオリティでしたので、見かけたらぜひ食べてみて下さいね。


(2016年10月、東武鉄道北千住駅で購入。1000円。)



この駅弁屋さんの駅弁一覧


東武鉄道の駅弁業者、東武商事さんの駅弁一覧ページです。
http://www.tobushoji.co.jp/service/shop/shop-meal/



鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ