ますの押し寿司(静岡駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ますの押し寿司(静岡駅)・・・静岡の鱒の寿司は、なかなかユニークな食べ方

たまたま静岡駅を通りがかったので、駅弁でも買っておこうと売り場を除いた時に見つけたのが、ますの押し寿司です。今回は、富士の味覚と共に購入して、静岡駅から埼玉まで、自分で長距離持ち運びを致しました。いかにも駅弁マニアの行動ですね・笑。

静岡辺りは、私の駅弁に対する興味関心の最も薄い所であり、今までもほとんど購入したことはないので、最近徐々にせっせと食べ始めているところです。

食べてない駅弁の種類が多い場所には事前の知識などは不要で、どれを見ても初めて買う楽しさに満ち溢れていて、思い出に残りますね。今回も、「静岡に鱒の寿司があるとは知らなかった!」という新鮮な驚きのもとに、購入することが出来ました。

静岡駅のますの押し寿司の外観


買ってきたますの押し寿司、上は輪ゴムで割りばしを止めてある状態、つまり店頭で売られているそのまんま、下は外箱をしっかりと見れる状態にしたものです。シンプルでいい感じです。

静岡駅のますの押し寿司の外箱


ただし、お値段や原材料を記載したシールを、魚の絵のど真ん中に貼るのは止めてほしいなあと。一番下に貼ってくれると嬉しいんですけど・・・。


 


静岡の鱒の寿司も、美味しいねえ


さーて、開封したところが、下の写真です。1つ1つ切り分けた状態で、ナイフでいちいち切ってやる必要も無く、箸ですぐに食べられます。サーモンピンクが最高に食欲を高めてくれます。

静岡駅のますの押し寿司


今回は、天竜浜名湖鉄道に乗車したので、応援買いをした天竜浜名湖鉄道ラベルの日本酒を、ますの押し寿司を食べながらチビチビやります。最高に幸せな瞬間ですね。

天竜浜名湖鉄道の地酒


一切れつまんでモグモグ食べると、確かに他駅の同種の製品と異なった味わいです。一番有名な富山のますのすしよりも、静岡の方が鱒の身が締まっていて硬めです。そして、全体として塩気を強く感じます。ですので、醤油を付けないでそのまま食べてもOKです。

静岡駅のますの押し寿司の切り身


しかし!静岡のますの押し寿司は、なんと言っても静岡と言えばわさび、そのわさびを乗っけて食べるますの押し寿司がなかなかに粋です。ちょろっとだけ醤油を垂らすとわさびの尖がり感がまろやかになって、より複雑な味覚になります。うーん、美味い!!

同じく鱒のお寿司で、米原駅の元祖鱒寿司があって、それは鱒の上に山椒が乗っけてあって、それもそれで非常に美味しいのですが、甲乙つけがたいですね。

静岡駅のますの押し寿司はわさびを付けて食べる


なお、鱒のお寿司はこれ以外では、高崎駅の川魚鮨が有名どころでしょうか。レアなものでは、わたらせ渓谷鉄道の水沼駅のギンヒカリ押し寿司があって、あの柔らかさは今回の静岡のますの押し寿司とは好対照に感じます。

静岡駅のますの押し寿司


と言うように、鱒のお寿司は全国にたくさんあるので、食べ比べてみるのも大変面白いです。皆さんは、どこの駅の鱒の寿司がお好みでしょうか。静岡に立ち寄った際に、検討の対象にしてみてはいかがでしょうか?

なお、静岡駅付近では、トレインビューホテルとして、ホテルアソシア静岡があります。またすぐ近くの清水駅にはホテルビスタがあります。静岡駅の駅弁を、ホテルにチェックインしてから、鉄道を眺めながら食すのも、面白いですよ。


(2016年9月6日、静岡駅で購入。800円)



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.tokaiken.jp/user.php?p=4

静岡駅の東海軒さんです。2015年は、会社経営が傾いた大井川鉄道の子会社の、大鉄フーズの事業を引き継ぐなどの動きがありました。ただ、東海軒さんの駅弁が絶品かというと、少々首をかしげるところも有るので、今後の健闘に期待したいところです。



鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ