出雲そば弁当(出雲市駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

出雲そば弁当(出雲市駅)・・・地元の名物を食わせようという心意気を感じる

廃止予定の三江線に乗ろうと思ってやってきた山陰。駅弁マニアの管理人が、出雲市駅の駅弁を見逃すはずがありません。今回ご紹介するのは、出雲そば弁当です。以前に出雲にときおり出張できていた時に、一度食べたことがあります。

出雲市駅に到着した特急やくも


今回はあらかじめ駅弁業者の黒崎に電話を入れて、出雲到着時に2種類、翌朝にさらに2種類、調達する事にしました。(駅弁売り場は17時30に閉店するので、それに間に合うように17時16分着のやくも15号に乗り、出雲市駅やってきました)

この日に受け取ったのは幕の内弁当と、この出雲そば弁当です。出雲駅では改札口を出たところにある駅弁売り場兼お蕎麦屋さんで売っています。ただし常に必ず希望通りの駅弁をゲットできるとは限らないので、わざわざ電話を入れたわけです。

出雲市駅の黒崎の経営する駅弁売り場&そば屋


ちなみに駅弁のホームページには、出雲そば弁当とかに寿ししか掲載されていません。これ以外に上述した幕の内弁当と、鯖寿司が売られています。

現地に着いて駅弁売り場をジーット見ていたら、下記のような表記を発見して一瞬驚きました。「特上の出雲そば弁当??」。しかも丸い容器に入っているので、新作かと思っちゃいました。

出雲そば弁当の店頭の表示


が、今回買った出雲そば弁当が、「特上」に相当します。「じゃあ特上じゃないものって何??」と思いますが、それは単にそばを持ち帰りできるようにしただけのものを「そば弁当」と称しているだけで、駅弁としては出雲そば弁当を食べることができればOKです。

出雲そば弁当の外観・外箱


という事で、出雲そば弁当の外観です。黒崎さんの売っている駅弁では、これと、あとはかに寿しの2種類が、駅弁らしい外観をしています、


 



そして、黒っぽい色をしたお蕎麦が、以外にもかなりイケる


待ちに待った出雲そば弁当の開封です。以前も食べたことがあるとはいえ、ちゃんと記録を付けていなかったから、今回初めて食べるような気持になります。

写真、すこ~し、暗く写ってしまいましたが、ご容赦を! お蕎麦だけでなくて、かに寿しが少し入っていたり、おかずも比較的豊富に入っていたり、なかなかの内容ですよ、これは。

出雲そば弁当の中身


お蕎麦は後ほど書くとして、まずはエビの天麩羅。けっこう大きいサイズで入っていて贅沢な感じがします。隠れたところに焼き鮭(実際は鱒)が入っています。手前側に隠れて、アマサキ(ワカサギ)の甘露煮も入っています。

出雲そば弁当のエビの天麩羅


これはかに寿しです。出雲市のかに寿しは、変に酢飯が酸っぱすぎないので、私は好物にしています。蕎麦だけじゃ物足りないので、この配慮は嬉しいですね

出雲そば弁当のかに寿し


さて、お蕎麦です。刻み海苔や七味唐辛子も添えられています。

出雲そば弁当のお蕎麦(薬味等を入れる前)


青ネギを散らして、そしてここにそばつゆを入れれば、出雲そばを外で頂けるという不思議。今回は私は、スーパーホテル出雲駅前の客室にて、窓からときおり山陰本線の鉄道を見ながら頂きました。

出雲そば弁当のお蕎麦


蕎麦は、思ったよりも黒い見た目で想像つく通り、そば粉の香りを感じられて、茹でてから時間が経過しているにもかかわらず、美味しいです。流石に蕎麦の表面の一部が乾燥してしまっていますが、これは仕方ありませんよね。

そうだ、フルーツを脇にやると、下からウナギの切れ端が出てきました。もともとは出雲市駅の駅弁にはうなぎ弁当もあったはずで、その片鱗を垣間見る思いでした。

出雲そば弁当のうなぎ


なお、出雲そば弁当のラベル表示も掲載しておきます。なぜか、右側が切れてしまっていますね。

出雲そば弁当のラベル表示


(2016年9月3日、出雲市駅で購入。1080円。)


出雲市駅周辺の、鉄道の見えるホテル


出雲市駅周辺では、4つのトレインビューホテルがあります。うち、ツインリーブスホテル出雲がマトモなトレインビューを実現でき、次にホテルアルファーワン出雲になります。それ以外では、スーパーホテル出雲駅前ホテル武志山荘の2軒があります。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

出雲市駅で駅弁を売ってらっしゃる、黒崎合名会社さんの駅弁です。自前のホームページはありません。このページには2種類しか掲載されていませんが、実際に売っているのは4種類になります。
http://www.ekiben.or.jp/kurosaki/region/lo-chugoku/izumo/



鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ