さがみ弁当(大船駅、東京駅など)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

さがみ弁当(大船駅など)・・・伊豆クレイル運行記念の掛け紙をゲット

大船駅や鎌倉駅の駅弁屋さんと言えば大船軒で、ロングセラーの鯵の押し寿司や大船軒サンドウィッチが非常に有名です。また、湘南と言えばしらすが代表的な海産物という事で、しらす弁当に代表される、しらすの入った駅弁も名物です。

そんな中にあって、かなり地味な存在ともいえるのがさがみ弁当です。相模(さがみ)と言う地名って、とにかく地味な印象何ですよね。相模線とか、小田急のロマンスカーでも特急さがみ号って一番乗りたくない感じだし・・・。

けれども今回、東京駅の駅弁屋祭をウロウロしていたら、下の写真のように、伊豆クレイル運行記念と銘打って、記念掛け紙で着飾ったさがみ弁当を発見してしまいました。駅弁屋には他にたくさんの買いたい駅弁があるのですが、この掛け紙が決定打になり、さがみ弁当を購入

さがみ弁当の、伊豆クレイル運行記念の掛け紙


それにしても伊豆クレイル号なのに「さがみ」とか書いてあると、妙に違和感を感じます。だいいち、伊豆クレイルが相模路を走るのは、小田原から熱海にかけてなので、どうもイメージと異なるような気がしないでもありません・笑。


 


まさしく、相模路を代表するような幕の内風の駅弁でした


さてと、さがみ弁当を開封してみました。特に期待していませんでしたが、開けてみると思った以上に華やかな雰囲気がします。大船軒らしく、たっぷりとご飯に乗っかったしらすが、目に飛び込んできますね。

さがみ弁当の中身




しらすご飯の上に散らしてある、彩りの良い桜えび。うん、とっても良い雰囲気。なお錦糸卵の乗っているご飯は、鯛と金目鯛の炊き込みご飯です。ですがしらすご飯の味覚が強すぎて、あまり鯛の味を感じられませんでした・笑。

さがみ弁当のしらすご飯桜海老のせ


おかずで美味しかったのは、アジフライの梅タルタル添えです。アジも、庶民の味覚として代表的な海産物ですよね。(味の隣にはデザートとしてまんじゅうが入ってます)

さがみ弁当のメインのアジフライ


野菜の煮物や、玉子焼き、小田原蒲鉾、わさび漬けなども副菜として入っています。なんとなく、相模の国って感じですね。

さがみ弁当の副菜


上の写真の隅っこにちょっとだけ写るのみですが、三浦ひじきの煮つけや、牛とごぼうの甘煮も美味しかったです。

という事で、全体的に非常にバランスよく、相模の味覚を堪能できるように作られている、優れた幕の内風の駅弁だと言えます。あいにくネーミングがさがみ弁当なので、名前で損しているだけなんですね・笑。・・・って、さがみさがみってしつこいですね(^_-)-☆


(2016年8月8日、東京駅で購入。1250円)



さがみ弁当を楽しめる、鉄道の見えるホテルはここ


さがみ弁当が売られているのは、湘南の大船駅や鎌倉駅、熱海駅のみならず、東京駅や品川駅、新宿駅など、幅広い地域です。この駅弁をゲットして、ぜひとも一杯やりながらトレインビューを楽しみたいものです。ホテル情報については、下記を参考にして下さいませ。

東京の鉄道の見えるホテルのページ
神奈川県の鉄道の見えるホテルのページ



この駅弁を調製した業者さんのウェブサイト


この駅弁は、湘南・鎌倉を地場とする大船軒さんが調製しています。地味なホームページですけれども、下記のリンク先に、大船軒の製造する駅弁の一覧を見ることができます。
http://www.ofunaken.co.jp/page004.html


 

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ