日本のおもてなし弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

日本のおもてなし弁当

平成27年の春のダイヤ改正で、管理人が大好きだった寝台特急北斗星や、日本一の寝台列車、トワイライトエクスプレスが廃止になりました。

代わりに北陸新幹線が開業し、今回駅弁を購入した上野駅も、「上野東京ライン」が開通して、大きく人の流れが変わりました。

常磐線特急、ひたち、ときわのデビュー


そんなダイヤ大改正の直前に、スーパーひたち号に乗車、駅弁を賞味したのがこのページの記録です。スーパーひたち号も、「ひたち」号に名称が改まるので、感慨深いものがありました。

さて駅弁は、日本のおもてなし弁当です。外人さんにも買ってもらおうという趣向なのか、英語、中国語、ハングルの文字もラベルに記載されいています。

日本のおもてなし弁当の外観・ラベル


中身はこんな感じ。ちらし寿司と握りずし、煮物にお魚類のおかずとなっています。ヘルシーですが、男性には物足りないような気がしますけれども、どうでしょうか?

日本のおもてなし弁当の中身


ただし、量は少ないながらも、お味の方はヘルシーそのもので、上品な味わいを堪能できます。イクラの朱色と菜の花の緑色の組み合わせは、まさにクールジャパンですね。

日本のおもてなし弁当の上品さ


上品な味わいに、あっという間に平らげてしまいました。満足です。

さてそれは良いとして、スーパーひたち号最後の写真という事で、まあ車両は同じものが今後も「ひたち」号と「ときわ」号で使われますので、上野駅のこんな写真を撮影しておきました。

「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」


この札って、何か固有名詞があるのでしょうか。とにもかくにも、「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」の札を、記念に残しておきました。


(2015年3月12日、上野駅で購入。1130円)


日本のおもてなし弁当を開けてみた動画です





日本のおもてなし弁当を楽しめる、鉄道の見えるホテルはここ


日本のおもてなし弁当を購入した、上野駅の周辺の鉄道の見えるホテルの情報です。下記以外は、東京の鉄道の見えるホテルをご覧ください。

ホテル ミッドイン赤羽駅前 東北・上越新幹線、京浜東北線、東北本線、上越線、埼京線 JR赤羽駅徒歩60mの駅前。超高架上の新幹線まで見える。
ホテル メッツ赤羽 同上 上記のミッドインよりさらに線路に近い。
ホテル メッツ田端 東北・上越新幹線、京浜東北線、東北本線、上越線 日本一鉄道の良く見えるホテルとしてテレビで紹介。リーズナブル。
CANDEO HOTELS上野公園(日暮里) 東北本線、高崎線、山手線、京浜東北線、常磐線 日本一線路の多い区間を見渡せる。料金普通なのに、クオリティ高い。
ホテルラングウッド(日暮里) 山手・京浜東北線、東北本線、京成線 日本一線路の多い区間を見渡せる。料金高め。



美味しい駅弁や、日本のおもてなし弁当に関する口コミ投稿

どなたでも、駅弁の口コミ情報を投稿できます。鉄道の見えるホテルなどに関する口コミ投稿フォームより、お気軽に投稿してください。


鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ