水戸駅駅の常陸の国・美味紀行を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

茨城産の食材にこだわった「常陸の国・美味紀行」が想定外に美味い!

水戸に出張に行った際、駅弁を合計で3つ、購入しました・笑。なにせ普段、行く事の少ないところだと、気合が入りますよね。しかも水戸といえば水戸黄門弁当に、印籠弁当という、2つのユニークな駅弁が存在するので、見かけたら絶対に買わねばなりません。

それに水戸駅の駅弁には、売り切れで昔おにぎりしか残っていなかったという、過去の「食い物の恨み」が脳裏に鮮明に焼き付いているので、ただでさえ「やる気」まんまんです。

で、クルマで出かけたので、水戸駅で入場券を購入して、駅の改札内に入ります。改札を入った正面すぐの所にニューデイズ(JR東日本のコンビニ)があって、そこの弁当売場に、駅弁が売られています。駅弁の登りも有って、期待が高まりますよね。

水戸駅のニューデイズが駅弁売り場


で、店内を見ますと、有りました有りました! 時間帯はお昼の12時半くらい。この時間ならば、ほぼすべての種類が売られているようで、目移りするくらいでした。

水戸駅の駅弁売り場(ニューデイズの店内)


当然、狙っていた水戸黄門弁当も印籠弁当もゲットしまして、あともう1つ買っちゃえ!という事で、牛べんなどは首都圏の駅でも売られる事があるので、ここは地味なやつを狙えと考え、常陸の国・美味紀行に決定しました。


 


常陸の国・美味紀行が食べやすいと思って、早速いただく


消去法的に常陸の国・美味紀行を買ったわけでありますが、手元に置いてみると、幕の内弁当風の常陸の国・美味紀行がクルマの中でいちばん、食べやすそうです。という事で、本来仕事で水戸に来たので、すぐに仕事に写れる雰囲気の常陸の国・美味紀行を食べました。

常陸の国・美味紀行の外観




いや~、開けてみたら意表を突かれた思いでしたね。たんなる幕の内だと思っていたのですが、美味紀行というネーミングは、嘘ではありませんでした。中身は以下の通りです。

常陸の国・美味紀行の中身


【お品書き】
・焼き鮭 ・キスの天ぷら ・海老の天ぷら ・わかさぎの甘露煮 ・うなぎのかば焼き
・煮物 ・焼売 ・獅子唐 ・レンコンはさみ揚げ
 などなど


水戸の駅弁屋さん、しまだフードさんの手掛ける弁当は、ほとんどが美味しいです。今回のものも、まず幕の内弁当としての「まとまり」が完璧です。全ての食材がそれぞれの味を引き立て、まったく飽きることなく完食できます。

しかもウナギのかば焼きまで入るって、贅沢すぎます。下の写真の、焼き鮭の向こう側にチョコンと入っているだけですけれども、超美味しかったです。

わかさぎは、霞ケ浦や北浦などの湖沼で採れる代表的な魚です。甘露煮で入れて頂くと、ちょうど良い按配にご飯が進みますね~~。

そして焼売。正直言って、崎陽軒のシウマイよりも味は上だと思います。柔らかくてジューシーで、たまりませんね~~。あ、海老の天ぷらだって、この手の幕の内にしたら、けっこう大きめで身がプリプリしたものを使っていて、非常に良心的です。

常陸の国・美味紀行のメインのおかず


という事で水戸の駅弁、常陸の国・美味紀行のレビューでした。今回の一件で、すっかりしまだフーズ製造の水戸駅弁の大ファンになりました。今後も水戸に立ち寄る機会が有れば、全種類を制覇したいと思います。


(2015年11月4日、水戸駅で購入。1100円)


水戸駅周辺の、鉄道の見えるホテル


水戸駅周辺で、トレインビューホテルに宿泊するとしたら、下記ですね。常磐線は特急電車も来るし各駅停車の種類もまあいくつかあるし、水郡線の気動車も来るし、鹿島臨海鉄道も来るし、貨物列車も来るし、なかなか楽しいです。

ホテルメッツ水戸 常磐線、水郡線 水戸駅北口から徒歩1分。
ライフイン勝田駅西 常磐線 水戸駅徒歩1分。ダブルでもシングル程度の料金。
ビジネスホテルふじぬま(友部駅) 常磐線、水戸線 友部駅から徒歩4分



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.jrmito.com/ekiben/index.html
(この駅弁を作っているしまだフーズのウェブサイトには駅弁情報が断片的にしか乗っていないので、JR東日本水戸支社のウェブページを貼り付けておきます。)

 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ