寝台特急あけぼのの個室寝台「ソロ」に乗車

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

これで最後の乗車、廃止前の「あけぼの」ソロに乗車

いつ廃止になってもおかしくないと書いたあけぼの号ソロ上段寝台に乗車した時の懸念が、ついに本当のことになってしまいました。

彼女と一緒に、やはり廃止になる予定の寝台特急カシオペアのツイン平屋タイプに乗って札幌に行った帰途、偶然にソロ個室の寝台券を入手したので、廃止前最後の乗車だという気持ちで、しっかりジックリと、乗車してきました。

青森駅発車前のあけぼの
(青森駅に入線したあけぼの号。鉄道ファンが、名残惜しそうに撮影していました。本当に悲しいです)

寝台特急あけぼの・ソロ寝台券の写真


⇒参考:寝台特急あけぼの号のA寝台個室「シングルデラックス」はこちら


寝台特急あけぼの @青森駅


青森駅に入線したあけぼの号の姿です。僕にとってはおそらく廃止前の最後のシーンなので、目に焼き付けました。

青森駅に入線したあけぼのの写真

あけぼの号の列車案内表示

あけぼののヘッドマーク



オハネ24ソロの写真

あけぼの号のソロ出入り口の写真


寝台特急あけぼの・車内の古めかしさ


24系寝台列車を見ると、完全に昭和時代を思い出すほどの、古さがあります。よくぞ今まで生き延びてくれたと、拍手を送りたいほどです。

そんなあけぼの号の、古さを感じた部分を写真に撮ってきたので、載せておきます。





あけぼののトイレの写真












足を伸ばして移動できるのは、寝台特急だけ


あけぼの号だけでなく、寝台特急の優れたところは、完全に足を伸ばしてくつろげる点です。




これは、航空機のファーストクラスでさえ実現できていない優れた点です。こんなにゆったりとした空間を利用しないなんて、みんなどうかしていると、一人勝手に憤慨しています。

あけぼの号は夜を徹して走り、あくる朝6時29分、僕は大宮駅に降り立ちました。

大宮駅発車前のあけぼの


終着、上野駅に向かう寝台特急あけぼの号。ゆっくりと動き出して、ゆっくりと過ぎ去ってゆく姿を見て、僕は心の中で、さよならを告げました。

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ