快適なシティホテルの川崎日航ホテルに宿泊

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

川崎日航ホテル・・・高層階から眼下に鉄道を見渡して爽快です

川崎日航ホテルは、JRと京急の川崎駅に挟まれた一角にある、鉄道ファンにはたまらないロケーション、かつ非常に便利なホテルです。ホテルのグレードは結構高めなので、日常シーンとは離れて、少し贅沢したい時に最適なホテルです。

川崎日航ホテルの外観


上記、川崎日航ホテルの外観です。オフィスやテナントが入っているビルの上層階が、川崎日航ホテルの客室になっています。この高さですから、それなりに見晴らしが良くて、快適です。


(管理人、今までに2度宿泊、最近は2017年7月10日に1929号室に宿泊)


 


川崎日航ホテルの基本情報


場所 JR川崎駅より 徒歩1分


よく見える鉄道 東海道本線、京浜東北線、南武線、京急線
価格帯 グレードの高いホテル。1人1万円台後半くらい。
設備 一通りそろっていて、特に不都合は無し。シングル及びダブルの部屋は、以下の動画を参照の事。



駐車場 なし。
鉄道ファン向け宿泊プラン 楽天トラベル、ヤフートラベル、るるぶにプランがあり。
口コミ投稿欄 じゃらん 楽天トラベル るるぶ ヤフートラベル



川崎日航ホテルから見ることのできるトレインビューはこれ!


icon嬉しい事に、鉄道ファン向け宿泊プランがあります。JR線側を見下ろす客室に確実に通されるので、プランを利用すると良いでしょう。

ただし、実はJR線側だけではなく、京急線も見ることができるホテルです。もしも京急線を良く眺めたい場合は、ホテルの予約が済んだのちに電話を入れて、京急線をよく見たい旨、説明すると良いでしょう。まず、ちゃんと京急側の部屋に通してくれるはずです。


●JR線側のトレインビュー

さて、JR・東海道線側を眺められる部屋からの、具体的な眺めをご説明しましょう。こちらは東海道本線をはじめとして、京浜東北線と南武線の電車も見えますから、実に頻繁に列車が行き来します。一般的には、こちら側の眺めの方が楽しめると思います。

下記、ホテルから川崎駅を見下ろしたところです。駅自体は、駅の屋根に邪魔されて、電車は見にくいです。したがって川崎駅に隣接したホテルメッツ川崎などは、トレインビューホテルのように見えますが、実際の鉄道の眺めは極めて悪いと想像できます。

川崎日航ホテルからの外の眺め


では、川崎日航ホテルから見た、JR線のトレインビューをチェックしてみましょう。京浜東北線も南武線も、そして東海道本線も、ほとんど同じ車両形式ばかりが来ますので、延々と見ていると飽きてきますね・笑。

ただ、朝のラッシュ時の様子は圧巻で、よくもまああの様に大量の電車が走るなあと感心します。今の時点での「見もの」としては、置き換えが決まった国鉄型車両の185系電車でしょうか。何度か行き来するところを見る事ができたので、満足しました。

朝早く起きれば、寝台特急サンライズ出雲サンライズ瀬戸を見る事ができます。貨物列車が見れないのが、少々物足りないなと言う感じはします。




●京急線側のトレインビュー
JRと反対側の客室からは、京急線を見下ろすことができます。京急線の見えるホテルとしては、穴場的な存在ですね。下記、川崎日航ホテルから拝借した写真を、貼り付けておきましょう。

京急線と言っても、相互乗り入れしている京成、北総、都営各線の車両も眺められますので、楽しいと思います。こんどはこちら側の客室に泊まりたいですね。

なお川崎駅周辺の京急線の良く見えるトレインビューホテルとしては、東横イン京浜急行川崎駅前が、お値段的にも見やすさ的にもお勧めです。川崎周辺に泊まる際は、参考にしてください。

京急線側の展望


川崎日航ホテルのトレインビュープランを利用して宿泊した人には、「253系成田エクスプレス引退記念入場券」がお土産で付きます。数年前に泊まった時も今回も、この記念切符を貰いましたので、よほど余っているのでしょうか・笑。

253系成田エクスプレス引退記念入場券

硬券の入場券がたくさん


お値段はビジネスホテルとしてはかなり高くなってしまいますが、日航ホテルですから室内は非常に快適です。長い旅の途中に疲れをいやす時などには、とてもお勧めできるホテルです。

川崎日航ホテルの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 るるぶで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 ヤフートラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ




鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ